1682. 名無しさん 2022年01月24日 19:37 ID:8ObnCvgb0
数年前、実家の俺の部屋(鍵付き)に置いていた趣味のコレクションを無断で処分された。

「子供の為」
といいつつ自分用の部屋がほしかった同居の弟嫁の入れ知恵らしい。
ちなみに弟夫婦に子供はいない。
なんとか売り先にかけあって9割は取り戻せたが、当時は怒りのあまり憤死しそうだった。

それはそれとして実家への援助(X十万/月+自営運転資金X百万)は打ち切った。




親も弟も謝ってきたが、
「のこり1割のコレクション回収できたら許してやるよ」
と言って放置。
許してももう援助はしないが、それは言わないであげた優しい俺。
もともとたいして儲けのなかった自営はしばらくあがいた挙げ句赤字続きになり、潰れた。
親はそれまで1円も納めてなかった弟から金をとるようになったそうだ。
弟嫁は弟を責めるようになったらしい。

その後、実家が近隣からのもらい火で火事になって全焼した。
借家だった(←弟嫁だけ知らなかったみたい)んで、親と弟夫婦は狭いマンション借りて同居してる。
なんと弟夫婦には(親の)待望の子供が生まれたらしい。
すごいなその状況で作るんだ。

弟嫁と親は狭い家で仲良く喧嘩してる。
弟は両者の間に挟まれてタノシソー。
親と弟からは援助の要請と恨みつらみのメールがくるが(新しい電話番号は教えてない)、そのたびに
「残りのコレクション見つけたらな」
と返してる。

(考えてみれば、あのまま家に置いといたらコレクションも全部焼けてたのかな?)
そう思うと、毎月の援助打ち切りのきっかけにもなった弟嫁には感謝しかない。
心の中で感謝するだけだけどw



ありがとう、さようなら
ありがとう、さようなら