196: 名無しさん@おーぷん 21/09/19(日)13:45:18 ID:11.ns.L1
友達の彼氏から紹介されてお付き合いを始めた男性が、実は既婚者だった。

友達はその事実を知らなかったけど、友達彼氏は知っていたみたい。
「家庭はうまく行っていないけど、離婚できない。
子供もいるし、要介護の親もいるし、事業の失敗で作った借金もある。
でも俺も癒してくれる存在が必要」

と既婚男性に泣かれ、
「結婚願望の薄そうな仕事人間だった(私)を紹介させた」
って。

私は確かに自分のなりたかった仕事について、毎日必死で働いて、結婚とか考えられない状況だったけど、
不倫とか、不道徳なことは絶対にしたくないし、結婚願望が薄いから既婚男性の性処理に使われていいわけじゃない。




友達彼氏は
「俺が口出しする事じゃないけど、話し合いなよ」
と他人事みたいに笑うだけ。
既婚彼は
「俺は別れる気はない!!」
ここで気持ちが氷点下まで醒めた。

この話し合いを録音したテープを持って、大学時代の友人(弁護士)の元へ駆け込んだ。
私を騙し、汚した連中を絶対に許せなかった。
ただし、金よりも報復を重視で、彼らに一矢報いたかった。

結果…彼らの所属していた某企業の実業団チームが廃止され、チームメンバーのほとんどが正社員から契約社員に格下げまたは左遷。
友達彼と既婚彼は “首謀者” ということで、クビ。
他実業団メンバーは、私を飲み会に参加させたときに、一緒になって騙した “共犯” ということで、上記の処分になった。
当時、バブルが弾けて数年ということで、社会はリストラの嵐。
企業の “実業団廃止” と “リストラ” の言い訳に、私への詐欺行為が使われたような気がする。

あれから20年以上過ぎた。
一人娘が『父と同じ職業に就きたい』と、法学部に進路を決めた。
あの黒歴史が、私たち夫婦が付き合い始めるきっかけになったのも、もしかしたら運命だったのかな?



TARGETED
TARGETED