649: 名無しさん@おーぷん 21/07/16(金)22:25:17 ID:u70B
浪人して予備校に通ってた時のこと。

Aという同じ浪人生の男にめちゃくちゃ嫌われていた。

地味な嫌がらせがあって、みんなの前で発表する時にAが
「声が小さくて聞こえませーんww」
と大声で囃し立てたり、わざわざ私の前に来てスマホを見ながら
「この芸人ブスじゃんwwブスwwあっもちろん芸人のことねww」
と言ったり。
聞こえるように悪口を言われることが何度もあった。




(小学生みたいだなあ)
と思って気にしないようにしてたけど、Aのすることに予備校の先生は我関せずだし、行くのがだんだん嫌になってきた。
『復讐したい』とか『反省してほしい』とかじゃなく、とにかく
(会いたくない)
と毎日思ってた。
帰り道に神社があったから通りすがりによくお参りして受験合格を願ってたけど、途中から
『Aと会いたくないです、お願いします』
とお祈りするようになった。

すると受験の近くなった冬のある日、Aが来なくなった。

相変わらず先生は何も言わないので男子がAはどうしたのか聞きに行くと(私は聞き耳立ててた)、
「バイクで事故った」
と。
「貰い事故で、命に別状はないけど3週間は入院」
だと。
受験には確実に間に合わない。

正直
(やった!ざまあみろ!)
と思ったし、その日から会わないとわかってるんるんだった。
(神社のおかげかも)
と思って帰りにお賽銭を札で入れた。

受験が終わってから
(もしかして私のせいかな?)
とちょっと罪悪感を感じたけれど、Aの嘲笑を思い出してまた腹が立ったので気にしないことにした。
私は合格して浪人を卒業したのでそれ以降予備校には行ってないし、Aがどうなったかも知らない。
『もう何年も浪人してる』
と噂を聞いたけど、人づての人づての人づてだし本当かどうかわからない。

(あっこれほぼ呪いじゃん)
と思っていまだに誰にも言えずにいるので書き捨て。



そのままでいいよ