145: 名無しさん@おーぷん 21/01/11(月)20:23:06 ID:a9.q5.L1
ようやく解決した衝撃体験。
文章力ないので箇条書きで。
フェイクあり。

・俺、田舎に住む変わったタバコが好きな変人。
・約二週間ほど前、愛車でマナーを守りリラックマタイム。
・すると突然、警察官がわめくババァを引き連れ愛車の窓をバンバン叩く。
落ち着きのないチンパンジーのようだった。





・ババァの話によると、以前俺が電話していた際に
「あれ、いい葉っぱ使ってる」
という会話を耳にして、
『こいつは麻薬を!』
みたいな思考に至り通報。
・事情を聞いた俺、
「どうぞ家宅捜索でもなんでもどうぞ」
と快諾。
「せいぜいタバコくらいしか目立つものはございませんが」
と喋ると警察官も困惑顔。
令状もなさそう。
・ババァ、
「しらばっくれるな!」
と発狂。
俺が吸ってるタバコを見て、
「これが麻薬に違いない!」
とさらに発狂。
・けど警察官もどうやらタバコ好きだった模様。
「あ、これアー○のブラ○クココ○ッツですね」
と認識。
・ババァ、
「そんなはずはない!」
とやっぱり発狂。
「家を見せろぉぉぉぉ私は正義だぁぁぁぁ」
とヨダレを垂らし、顔を真っ赤にして大暴れ。
その後に倒れる。
・救急車を呼び、ババァ出荷。
俺、警察官に出来る限りの協力をして解放。
・後日、わかったのが、
どうやらババァは法スレスレの楽しい葉っぱを吸っていたらしく、その副作用で倒れたとのこと。
それで今流行りのフェミニスト的な活動をしていたらしく、近隣住民も大層迷惑してたんだとか。

なんとも言い難い、おっさんの衝撃体験でした。



ZIPPO リラックマ