710: 1/2 20/12/04(金)20:43:13 ID:Xl.at.L1
A子と私は同期。
入社2年目。
部署は違うが、同じフロアなので、ほぼ毎日顔を合わせる。

二週間前から、A子は私に会うと
「私だけ、毎日、9時まで残業…… みんな、定時で帰ってるのに……」
と、ぶつぶつ言いだした。
『呪いでもかけてんの?』
と聞きたくなるような、恨みのこもった低い声だった。
私が
「他の人に手伝ってもらったら?」
というと、露骨に不満そうな顔で黙った。
これをほぼ毎日繰り返した。

で、先日のこと。
「私だけ、毎日、9時まで(ry」
いつものように呪いボイスでぶつぶつ言いだした。
何回も同じことを聞かされている私はイラっとして、きつい口調で
「だから、なんでチームの人に協力してもらわないの?」
というと、ブスっとして去っていった。




711: 2/2 20/12/04(金)20:43:29 ID:Xl.at.L1
(きつく言い過ぎたか?)
と思ったので、少し後で適当な口実をつけて、A子の様子を見に行った。

話は変わるが、私の職業はIT系。
A子は動作テスト部隊。
A子の部署では、テスト用のデータファイルを大量に持っている。
正確な数は知らないが、A子の部署の人が
「テストデータの数が多すぎて、管理しきれない」
と言っていたことがあるので、4桁行ってると思う。

で、A子がやっていたのは、そのデータファイルのナンバリング部分の統一。
たとえば
data1, data2, data3...
てすと1、てすと2、てすと3...
checkI, checkII, checkIII...
という感じで半角数字と全角数字とローマ数字が混ざっているのを、すべて半角数字にすること。
それを手動で一つ一つやっていた。
そりゃあ、いくら時間があっても終わらないわ。

「これ、一括でやれば」
と、私が言ったら、A子は私の方も見ず、思いっきり言葉の途中で遮って
「できないから」
と、吐き捨てた。
A子は私を見下してるところがある。
『格下風情』の私がA子の悩みをちゃんと聞こうとしなかったうえに、仕事に口をはさんできたからムカついたんだろうね。
私はそのままA子から離れた。

ちなみに、一括でやる方法はちゃんとある。
自分でバッチファイルを作ればいい。
A子と同じ部署の人たちにも、それを知ってる人はいたはず。
A子は見下してる私には横柄だけど、
それ以外の人には極端な察してちゃん。
そして察して手伝ってもらっても、絶対に『ありがとう』とか『助かりました』とか言わない。
だから誰にも手助けしてもらえないんだろうね。



できない相談
できない相談