1352. 名無しさん 2020年12月02日 15:13 ID:KGKBfkr90
途中から呼び方が変ります。
省いているので分かりにくくてすみません。


毒親もどきなんだろうが、私の両親は全て兄が一番であり、『(私)がその上では駄目』な家庭に育った。
お誕生日を祝ってくれたことも、クリスマスをしたこともない。
いつも私以外の三人でどこかに出かけていた。

薬剤師にもなりたくて大学にも行きたかったが、どうせ『お兄ちゃんより~』で言っても無駄。
(それなら就職をしてお金を稼いでこの家を出よう)
と決めていた。
私のことに興味がないくせに、
「大学に行かないなんて」
とか
「お兄ちゃんに恥をかかせて」
等、数々の心に響かないことを言われた。

無事に半年ほどで実家を出ることができウキウキ。
働いていて三年後に取り引き先の男性と結婚した。
彼には親のことを話して理解してもらった。
が、彼のご両親には信じてもらえないし、そういう家庭の娘はお断りになるだろう。
最初から誤魔化したり嘘をつきたくなかったので、ご両親にはありのまま話した。

1353. 名無しさん 2020年12月02日 15:14 ID:KGKBfkr90
反対はされなかったが、彼のご両親から
「結婚するのなら一度はあなたのご両親に合わせて欲しい」
「犬や猫の子感覚で『あげるね。もらうね』ってわけにはいかない」
「どんな境遇でも親がいる以上、よそ様のお嬢さんが息子と結婚するのだからけじめをつけたい」
と言われた。

嫌で仕方なかったが、実家に戻り両親に話した。
「あっそう」
で終わった。
なんと兄もついてくるそうだ。
「兄として」
と馬鹿面で言っている姿が気持ち悪かった。




実際に会い、最初は両親もちゃんと話していたが、唐突に
「うちのお兄ちゃんは」
と言いかけたら、彼母が
「そういうの今はいいです。娘さんとの結婚の話ですから」
とバッサリ。
父が
「そちらにお嬢さんは?」
と言うと、彼父が
「(お姉さんが一人)いますが、そちらに何の関係が?
今はそちらのお嬢さんの話ですよ」

と。

私の両親がめげずに兄の自慢話をすると、彼母が
「お兄さんは顔立ちはちょっとだけいいかもしれませんね。
そうですね…あと、一見優しそうですが釣った魚に餌はあげないというか…」
「女性と長く付き合ったことないでしょ?
自分では捨てたと思っているようだけど本当は捨てられたことに気が付いてなさそうな感じでよね。(クスクス)」

1354. 名無しさん 2020年12月02日 15:14 ID:KGKBfkr90
「あと、国立大学に行ったことは経歴ですが、それは人となりや性格などには含まれませんよ」
見る間に両親や兄の顔が血の気が引いてきた。
父が
「そこまで息子を馬鹿にするのなら結婚式には参加しませんし、お祝いのお金も出しません。
勝手にどうぞ」

彼父が
「いいですよ。
よかった。
邪魔されてぶち壊されても迷惑なんで」

彼と私は100パーセント出番なし、お互いに名前やちょっとした自己紹介をしただけ。
ほぼ空気状態。

帰った後、彼両親から謝られた。
「嫌味なことを言ってごめんなさい。
だけど本当にイライラした。
ひどすぎる」

全く私はそう感じなかった。
逆にうれしかった。

それからはとんとん拍子に話が進み、敷地内同居で暮らしている。
夫も結婚後も私を心配してくれたり、気にかけてくれている。
「(私の家族)から何か言ってきたらすぐに言え」
と。


その後、私の両親と兄はどうしているのか分かりません。
時々、非通知で無言電話が来ます。
多分兄からです。
ドアを閉める音やタイミングで分かります。
今も『三人で』仲良く暮らしていると思います。
正直、そのまま滅びて欲しいですが、特に興味はありません。

お誕生日もクリスマスもお年玉も経験させてもらいました。
普通のやり取りが楽しくて、夫両親の家に入り浸ってます。
近所にはお祖母さんがいて、会いに行くと喜んでくれます。
帰るときにはいろいろ持たせてくれたり、家事などのやり方を教えてもらったりしています。
夫や夫の両親に感謝しています。
私はしてもらうばかりで、お返しもできていない状態です。
いつも
(どうしたら、何をしたら返すことができるのか)
と。

先日、お義母さんから
「そういえば、薬剤師さんになりたいって言ってたね。
大学行けばいいじゃん。
お祖母ちゃんが(親指と人差し指で輪っかを作り)持ってるから出してくれるさ」

とニヤッと笑った。
これ以上、よくしてもらったら罰が当たりそうで怖いです。



いいじゃないの倖せならば
いいじゃないの倖せならば