友達をやめる時 inOpen 4 より
http://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1502069819/

858: 名無しさん@おーぷん 20/11/18(水)09:30:07 ID:SOF
もともとはちゃんと友達で、高校も同じ部活でマネージャーをすることにしたAが、徐々におかしくなっていった。
長くなります。

別に部内恋愛禁止とかでは無かったけど、Aは
「部員さんとは一定の距離を保つべき!」
とか言い出して、ちょっとでもAの “仲良い基準” に引っ掛かると
「距離が近い」
と牽制。
そのくせ、自分はボディタッチとかめちゃくちゃ。
たぶん、何人かいるマネの中で自分が一番頼られたいし、ちやほやされたかったんだと思う。

マネージャーは何人か居るから部活も交代で出てたんだけど、知らないこととかあっても教えてくれず、
「そんなことも知らないの?」
「部員さんに迷惑がかかるからちゃんとしてくれる?」

とキレる。
もちろん、自分がされると
「引き継ぎはちゃんとしてくれないと部員さんに迷惑がかかる!」
とキレる。
なんか、
(こんな子じゃなかったのになぁ…)
と部活以外はだんだん疎遠に。

遠方の日数の長い合宿は、自分が行けるように
「こないだはそっちが行ったよね?」
と牽制し、強豪校との練習試合や大事な試合は
「大事だからベンチ入り譲って」
と、やりたい放題。
合宿はさすがに顧問が不自然に思い
「平等にしなさい」
と言ったが、Aは
「順番がたまたまそうでした。気を付けまぁす」
だそうだ。




後輩にも仕事を教えず、
「知らないの?」「部員さんに迷惑が(略)」
でいじめたおし、何人か辞めた。
『引き継ぎ不足で迷惑かけてるのはお前だ』とやんわり言ったが
「見て覚えろ!」
と、『どこのお局様?』状態でもはや無双だった。
ここまでくるとさすがに気付いてる部員も居たが、Aのがうわ手で
「マネ同士のこと」
と介入の余地がなかった。

3年のある時、超超強豪校と合宿があり、当然Aと取り巻きBが参加。
井の中の蛙Aは向こうのマネの献身ぶりに叩きのめされたらしく、ますますおかしくなった。
向こうは全国の常連でスポーツ推薦を集め寮生活。
仏教系の学校なので日々の生活が修行を地で行っていて、女子マネージャーは深夜まで洗濯機をぶん回し、早朝にはご飯を作るという昭和の良妻も顔負けな人たち。
片やこちらは県内ベスト4の、弱くはないけども…な県立の進学校。
たまたま顧問の実家が寺なので『心意気を学びなさい』という意味だと思うが、非帯同のマネにもその話をした。
「君たちには真似できないでしょう」
と、感心として言った顧問の言葉をsageと捉えて気を悪くしたAは
「日本一のマネになる!」
と謎目標を掲げ、
「(球技)が恋人!」
と恋愛禁止までし始めた。
とはいえ、うちの学校が寮生活になるわけもなく、合宿は民宿なのでご飯を作る機会もなく、はた迷惑な空回りを極める。

・私が部員に漫画を貸したお礼にもらったスポーツ用品店の割引券(500円)を
「仲良くするな」
のお叱りと共に
「部に寄付すべき!」
と言い出す(割引券顧問に渡してどうするの?)。

・入部時に部室に先輩が寄付?放置?した部のウィンドブレーカーが複数枚あって、マネはそれを固定で貸与されるんだけど、私はそれとは別に友達のお姉ちゃんに個人的にウィンブレを貰ってた。
部活卒業時に返却するんだけど
「もう一枚は?」
と言われ、『個人的に貰ったものだし妹が高校に受かったら妹にあげる予定』と言うと
「部活のものを私物化するな。妹は妹で買え」
と言い出す。
(ウィンブレは足りてるし、そもそも部活のものではないので拒否。)

…と、枚挙に暇がないAの謎行動に青春をだいぶ汚された。
クラスでも
「部活なんだけど」
と放課後掃除をサボったり。
そうやって孤立していたらしいが、部活が恋人だから気にも止めず、手がつけられなかったらしい。
顧問も注意していたらしいが、何の改善もされず卒業になった。
日本一のマネになれたのかは、Aしか知らない。

そのAが散々馬鹿にしていた我々平のマネは第一志望の私立に合格し、Bさえも第一志望ではないが国立に合格した。
Aは大学浪人になった。
プライドの拠り所か
「第一志望は国立であるべき。それ以外は負け組」
と言い切ったが、楽しい大学生活への期待の前には負け惜しみにしか聞こえなかった。
Aの大学浪人も2年目。
コロナ禍で大変なんですかねぇ(棒)



決してマネしないでください。