1326. 名無しさん 2020年11月06日 16:19 ID:a6JjFXj10
私は中学校でイジメにあいました。
無視・存在のスルーがメインで、暴力や金銭・物質的被害はありませんでしたが、精神的にかなり辛かったです。
クラスの女子の半数程度が参加していて、のこりの半数は最低限関わりをもってくれてました。
ただ、先生はちゃんといろいろとやってくれましたし、主犯の女子がかなりヤバかったので、先生やその子たちに恨みはありません。
たぶん私もそちらがわだったら、のこり半数と同じ態度をとったでしょう。
夏休み後からクラス替えまでの数ヶ月でイジメは終わり、残り2年は関わりなく過ごせました。

そんなイジメ主犯のA子が、成人式を終えてしばらく後に謝罪に来ました。
興味があったので、こっそり従兄に頼んで見張ってもらい、ファミレスで会って話をしてみました。
(マルチや宗教だったらすぐ離脱しよう)
と思ってましたが、マジ謝罪でした。

A子が泣く泣く語った話によると、父親が不倫で家には寄り付かず、母親は暴力かネグレクトのローテーション。
兄は幼い頃に亡くなり(A子によると虐待が間接的理由)、小学4年頃まで一人虐待対象だったと。
その後、父親が家に戻り、母親が優しくなり、
「そんな今さらな態度に戸惑い、反発し、グレた」
と。
そして近所のDQN男(未成年)の家に入り浸り、その頃には体の関係も出来て、そのDQN男を後ろ盾に小学校に君臨したんだそうです。
私は別小だったので知りませんでしたが、
「怖い男がA子のバックにいる」
みたいなことは聞いたことがありました。
その男が実際に手を出してきたことはなく、A子が利用していただけのようでしたが。




1327. 名無しさん 2020年11月06日 16:24 ID:a6JjFXj10
A子はなかなかの話上手で、私も内容の酷さに思わずもらい泣きする始末でした。
「今はDQN男(別件で逮捕されたとか)とは切れ、親との関係も穏やかになった」
とのことでした。
そして結局、A子の謝罪を受け入れる流れになりました。
『許した』ってのとは違いますが。

まあ従兄と話しながら帰ってるうちに、やっぱりなんだか釈然としない気分にはなりましたが、かといって謝罪だけでなくお金を貰ったり気が済むまで罵らせろってのとも違うと思いましたし、また、
「いちいちずっとその数ヶ月のことを恨むのもしんどいな」
と。
従兄と話しながらそんな結論になった覚えがあります。
ちなみに私へのイジメの理由は、
「そんな鬱屈した気持ちと、両親と仲よさげに歩いてた(私)のことがムカついたから」
だそうです。

数年後、中2の頃の同級生(A子と同小で比較的近所)と会った時にA子の話になり、謝罪に来たことも話したら、
「A子が結婚する」
という話を耳にしました。
その頃、私は就職に苦しんでいました。
不安から中学時代のイジメの夢を見てうなされては汗びっしょりで目覚めるという日々を過ごしてました。

(なんか、A子ムカつく…)
って思い、後で就職活動の合間にA子のことを調べました。
といっても同級生から聞いたA子の Facebook 見て、婚約者(DQN男では無い模様)のアカウントを確認するだけでしたが。
そして婚約者のアカウントにA子から聞いた生い立ちテキストを匿名アカウントから全部送り、すぐそのアカウントは消しました。
それっきり、あとはA子の Facebook も見ないでいましたが、その日からだんだんあの夢は見ないようになったと思います。

1328. 名無しさん 2020年11月06日 16:30 ID:a6JjFXj10
後から
(A子がそのことを話したのが私だけだったらバレる!?)
って思いましたが、後の祭りでした。

また1年後くらいに先の同級生と出会い、その後のA子の消息を聞きました。
理由は分かりませんがA子の結婚は破談になったらしく。
A子は父親のいる施設に凸って、一緒にいた母親と父親を凹ったそうです。
A子は
「お前らのせいだ」
と言ってたらしく、同級生は
「たぶん親が原因で結婚が破談になったからじゃないかな」
と言ってました。
破談は私のせいかも知れませんが、A子は気付かなかったようです。
婚約者が裏とりした事実だけ言ったのかも知れません。

その後、家に帰って妙にスッキリとした気持ちになってることに気づきました。
たぶんですが、私はA子の境遇に同情はしたけども、
(私がされたイジメは話が別だ)
と思ってたんじゃないかと。
だから、A子を気の毒に思ったものの、私はイジメへの仕返しを何かしたかったんじゃないかなと。
同時にA子は私とかにその鬱屈とやらを向けるのではなく、親に向けるべきだったと思うし、それがようやく出来たのなら『あとは頑張って幸せになってね』とエールを送ってもいい気持ちでした。
やばそうなので送りませんでしたが。



. .. ... 全てあなたの所為です。
. .. ... 全てあなたの所為です。