625: 名無しさん@おーぷん 20/10/24(土)10:47:22 ID:???
私は生まれた時から心臓が悪くて、赤ちゃんの頃に何回か手術してる。
その後も体が弱くて病気しがちだったため、しょっちゅう入退院を繰り返していた。
私には二歳上の兄と十以上離れた弟がいたけど、両親は私の世話と仕事で大変だったみたいで、弟の世話はほとんど兄まかせだった。
今思えば遊びたい盛りに可哀想なんだけど、兄がとても真面目で弟を溺愛してたから、当時はその状況に疑問を抱かなかった。
むしろ私も弟大好きだったから、
(兄ばかり弟と一緒にいられて羨ましい)
とすら思ってたくらい。

私が中学生の頃、インフルエンザから肺炎まで拗らせて一時的に入院してたある日、トイレに立って病室に戻った時。
両親が
「私子(私)はいつまで手がかかるんだろう」
「(弟)が大きくなるまでの我慢だろ。その為の子なんだからあの子は」
と会話しているのを聞いてしまった。
そこまで負担をかけてしまっていたのもショックだったけど、『可愛い弟を私の世話させる為に生んだ』という事実に頭が真っ白になった。




両親が帰ったあと、
(私はもう生きてても仕方ないから死のう)
と決意。
(でもこのままだと両親が弟を良いように利用しようとするかもしれない、搾取され続けたら可哀想、いっそ両親もこの手で一緒に……)
一晩悩んだ結果、私はお隣のベッドの人が部屋を出ていった時に棚に置いてあったナイフを盗んで枕の下に隠した。
(今日、両親が来たらそれで二人を)
と浅はかな計画を経てて、心臓をバクバクさせながら待っていた。

でもその日お見舞いに来てくれたのは、兄と弟だけだった。
弟は私のベッドに乗ると興奮気味にチューリップを植えた話なんかをして、それで疲れていたのか電池が切れたように寝てしまい、兄はそれをニコニコと見ていた。
「チューリップは私子の好きなピンクだよ。
『お姉ちゃんに見せたい』んだって」

兄の他愛のない話に私が泣きそうになっていたら
「だからね、変なこと考えちゃ駄目だ」
と私の頭を撫でてくれた。
多分、私があまりに思い詰めた顔をしていたんだと思う。
何するかまでは分からなくても、『良からぬ事を考えてる』って察したんだろうね。
兄が弟を抱っこして帰った後、考え直した私は
「ナイフ落ちてましたよ」
と言ってお隣さんに返した。

ここからがおかしな話なんだけど、それから一月もしない内に両親が死んでしまった。

二人とも仕事で寝不足のまま運転してて事故り、母はその場で呆気なく、父は数日治療の末、亡くなった。
私は
(二人を憎むあまり呪い殺してしまったのでは)
と内心パニック。
でも両親が亡くなってから入院するほどの体調不良も減って、親戚が集まる度に
「お父さんお母さんが悪いもの持ってってくれたんだね」
って言われて凄く居心地が悪かった。

ただこれはもう十年以上前の事で、実は最近まで両親のことなんて存在すら忘れてた。
何故今更思い出したかというと、弟が近く幼馴染みの子(以下弟嫁)と結婚する事になり、弟嫁の打ち明け話を聞いたから。
もうずっと家族同然の付き合いだったのに、弟嫁は急にマリッジブルー気味になってた。

実は彼女は
「(弟)を蹴ったり無視する(うち)の両親が子供心に大嫌いで、『いなくなっちゃえば良いのに』と思っていたら本当に死んでしまい、それがずっと自分のせいな気がしてならなかった」
のだとか。
その後ろめたさをずっと抱えていたようで、
「こんな酷い事を思う自分は(弟)に相応しく無いかも」
と泣き出してしまった。
その場では
「そんなの関係無いし、弟の事を大事に思ってくれる(弟嫁)ちゃんが義妹嬉しいよ」
と慰めといた。
でも本当は
(やっぱり両親は色んな人に呪い殺されたんだろうな)
って思ったよ。

人を呪わば穴二つと言うから私はろくな死にかたしないかもだけど、
『せめて(弟嫁)の悪いものは私が貰っていってあげよう』
と思う。



どこの家にも怖いものはいる
どこの家にも怖いものはいる