873: 名無しさん@おーぷん 20/10/07(水)21:18:34 ID:MF.tl.L1
元彼とは23歳の時に付き合いだした。
元彼と私は同じ年齢。

付き合いだして3年目、元彼の仕事がすごく忙しくなった。
『毎日深夜まで残業で、週末は休日出勤で潰れる』
のだそうだ。
元彼からは
「こういう事情で、当分会うのは無理。
電話も、今はそんな余裕がない。
落ち着いたらこちらから連絡する」

と言われた。
なので、時々短いラインだけ送った。
週に一回か二回くらいの頻度で。




元彼からは10回に一回くらいしか、返信がなかった。
この状態が2か月くらい続いた。
忙しいとはいえ、あまりにも返信が少ないので
(実は私はすでに(元彼)に振られているのでは?)
と、不安になった。
その場合、私のやってることはストーカー行為だ。
ひとまずは、ラインを送るのをやめてみた。

それから2週間くらい後、元彼から電話があった。
「仕事が落ち着いたから、今度の土曜日は久しぶりにデートしよう」
って。
(よかった、振られてなかった!)
って、喜んでデートに行ったよ。
そしたらデートの最中に、元彼が
『実は仕事は一か月前には落ち着いていた』
ってことをポロっと漏らした。
なんで今まで連絡がなかったかというと、
「ずっとできなかった趣味のために時間を使いたかった」
んだってさ。

元彼はマイナーなスポーツをやっていて、プロを目指したこともある人。
全国大会での優勝経験もあり、業界内では有名らしい。
今でもかなり熱心にそのスポーツをやってる。
で、
「(そのスポーツ)に忙しくて私に連絡する暇がなかった」
と。

当然、大喧嘩になった。
私は激務が続く元彼の体が本気で心配だったし、振られたんじゃないかと真剣に悩みもした。
それが、楽しいスポーツのために、ラインを返すことさえしなかった、と?
元彼は元彼で、
「自分にとってスポーツはただの趣味なんかじゃない、すごく重要なものなんだ!」
「趣味と私のどっちが大事なの、とかうざい!」
とキレまくってた。
この時は仲直りしたんだけど、やっぱり気持ちが覚めてしまって、3か月後に別れた。

最近、元彼が離婚したと噂で聞いた。
元彼は
「元嫁は俺をATM扱いしていた」
と嘆いていたらしい。

(それ、仕事と趣味に忙しくて、元嫁さんをないがしろにしてたせいじゃないかな)
とちょっと思った。



ATMのトリセツ