(前のお話)

575: 名無しさん@おーぷん 20/09/30(水)22:45:56 ID:Op.vc.L1
ちょっと前に、くだらないギャグで絡んでくる先輩がいたけどリモート飲み会でおばちゃんが撃退してくれた話を書きました。

先輩はしばらく大人しかったんだけど、今度は私に
『どんな話題なら笑うのか』
をしつこく聞いてくるようになった。
前みたいな軽いノリではないが、真面目くさって
「私子ちゃんの笑いのツボって何?」
とか聞かれても困る。
自分の笑いのツボとか、他人に説明しようがなくないか…?
とりあえず『芸能関係にうとい』ということは伝えたけど、
「じゃあどんな内容なら笑うの?」
って言われても。




話のしようがなくて毎度かわしてたら(そもそも先輩とあまり仲良くしたくない)、ことあるごと聞かれるようになった。
そんな我々の様子を見とがめて、他の同僚が先輩を止めてくれるんだけど、少し時間がたつとまた寄ってくる。
なんかもう、ウザい通り越して
(よく飽きないなー)
とこっちは変に冷静だった。

でも前みたいに長々ギャグに付き合わされることはないから適当にスルーしてたところ、ついにやらかされた。
お昼休みに会社の廊下を歩いてたら、いきなり
「こーちょこちょこちょー!!!」
ってワキをくすぐられた。
背後からの完全なる不意打ち。
まさか物理で笑わせに来るとは思わない。
その時、私はスタバのアイスコーヒー(プラスチックカップ)を持ってたから、くすぐられた瞬間に力一杯握りしめちゃった。
そしたらコントみたいに、向かいを歩いてた上司にコーヒー水鉄砲が直撃。
ストローからあんなに綺麗にコーヒーが噴き出すところを初めて見た…。

悲鳴をあげて大騒ぎになる私と上司をよそに、
先輩はその場から脱兎のごとく逃走。
でも大声で『こちょこちょ!』って叫んでたからすぐ取っ捕まって、茶色に染まった上司に猛烈な雷を落とされ半べそをかいていた。
ちなみに私はおとがめなしだったものの、上司に申し訳なさすぎていたたまれなかったよ。

先輩は
「私子さんを笑わせようとしただけ、不慮の事故」
みたいなことを言ってたようだけど、私への前々からのウザ絡みが問題のことに加え、
「子どもじみたくすぐりがセクハラに抵触する、何より社会人としてあの状況で逃亡するとは何事か」
と、他の上司も交えフルボッコ指導されていた。

その後、先輩は私と上司に謝罪してクリーニング代を弁償(私も服が汚れた)。
コーヒー水鉄砲を浴びた上司が厳しく監視してくれ、
先輩はすっかり小さく縮こまって過ごしている。

なんていうか、我ながら性格悪いかも知れないけど、今なら先輩に嘲笑なら見せられそうな気がする。



The Post Game Report