186: 名無しさん@おーぷん 20/09/21(月)16:45:58 ID:uC.1m.L1
同じ職場の先輩に、すごく下らないギャグ?ジョーク?をよく言う人がいる。

なんていうか、小学生がやるような芸人の真似とか有名コメンテーターの決め台詞とか、そのとき流行ってる言葉を振り回す感じ。
それも日常会話に無理やりねじ込んでくるもんだから、みんな苦笑いしてやり過ごすのが常だった。
本人はなぜかウケてると思ってるようで、心ある人にやんわり止められても意に介さない。
そんな先輩に、いつからか目をつけられてしまった。




というのも、私はそもそも芸能関係に極端にうとく、流行にも鈍感なため、先輩の言ってるギャグの半分も意味が分からない。
他の人が(苦笑いだけど)一応笑うのに対し、私は反応すらできなくてきょとんとしてばかりだった。
(この人突然何言ってるんだろう、脈絡なくて意味不明…)
みたいな心境。
当然笑うことはなくて、それが変に先輩の勘にさわったらしく、あるときからやたら頻繁に雑談をふられるようになった。

でも前述の通り、意味が分からない私にとって雑談も苦痛でしかなく、ひたすら逃げることしばし。
コロナ禍で行われたリモート飲み会にて、とうとう先輩に正面きって説教された。
いわく
「私子ちゃんはさー、少しは笑顔ってもんを身に付けた方がいいよ?」
だって。
そこから、いかに私が無愛想か、会話をする相手に失礼な印象を与えているか、笑わないのがどれだけ男ウケが悪いか、みたいな内容を一方的に言われた。

すると話を聞いてた別の先輩(おばちゃんでしゃべり方がまる子に似てる)が笑い飛ばしてくれた。
「ヤだよアンタ何いってんの、私子ちゃんが無愛想?な、わけないでしょー、よく笑ってるしよくしゃべってるじゃな~い」
まる子の発言にうなずいてくれるその他の同僚、対照的に愕然としたらしい先輩。
「嘘ぉ!?
だって俺、私子ちゃんが笑ってるとこなんて見たことないっすよ!?」

「そりゃアンタ、アンタの話がつまらなくて笑えないだけだよ」
ケラケラ笑ってズバリ核心を突いたまる子の言葉に先輩はショックを受け撃沈したようで、その後ほとんどしゃべらないまま飲み会は終了。

翌日から会社での先輩のうざい絡みがなくなり、とてつもなく快適です。

まる子おばちゃんありがとう。

(続きのお話)