今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その27 より
https://kohada.open2ch.net/test/read.cgi/kankon/1592390561/

246: 名無しさん@おーぷん 20/08/02(日)15:52:16 ID:0J.04.L1
兄夫婦が兄嫁の浮気で離婚することになった時の話。

証拠も弁護士もそろっていて、あとはサインするだけという状態だったんだけど、うちの両親も兄嫁両親も『もう一度考え直してくれって』ってごねていた。
それに対する兄の言葉がこんな感じ。

「もし再構築するということになったら、
嫁子(兄嫁)はすごい苦労を抱えることになると思うんですよ。
友達と遊びに行くときはもちろん、ちょっとした買い物の時とかも、浮気を疑われないように気を使い続けないといけなくなってしまいますよね。
それが1か月とか期限付きなら我慢できるかもしれませんけど、ずっと続けるとなるとすごいストレスになると思うんですよ」




「そういう状態が続いたら、いつになるかはわからないけど、僕も『嫁子をもう一度信じてみよう』と思える日が来ると思います。
でもきっと “浮気” とか “離婚” という言葉を見るたびに、
『もしかしたらまた浮気をするかもしれない。いや、もうしてるかもしれない』
って気持ちが出てくるのを止められないと思うんですよ。
嫁子が気を使ってくれて、僕がそれに応えたいと思うほど、その疑いは押さえつけていいかなくちゃいけないと思います。

いつか僕も嫁子も死んでしまう日が来ると思うんです。
そういう生活を続けて、もし仮に嫁子が先に死んでしまったら、普通の夫婦なら『もっと一緒にいたかった』『あれがしたかった。これをしたかった』って思うんでしょうけど、僕はきっとこう思うんじゃないかと思うんです。
『ああ、もう浮気を疑わなくて済むんだ。ほっとした』
って。
そういう夫婦生活のあり方ってすごく悲しいなと思うんですよ」


それを聞いて両親も兄嫁も号泣。
ずっと謝罪を繰り返しながら書類にハンコを押してました。

兄はサバサバしているというか、“1回ダメだなって思ったことはバッサリ切り捨てるタイプ” だと思っていたので、離婚協議もあんまり心配してなくて、正直wktkしてた自分が恥ずかしかった。
再構築って相手を許せるか許せないかくらいの話としか考えていなかったけど、
(実際は離婚するより壮絶なことなんだな)
と、兄の話を聞いて思い知った気がする。

247: 246 20/08/02(日)16:14:10 ID:0J.04.L1
ちなみにこの話には後日談があって、何日か経ってから兄をちょっとお高い食事に誘った。
(放っておくと死んじゃうんじゃないか)
という心配があったし。

お酒も入ってついぽろっと
「お兄ちゃんみたいな人でも再構築とか考えるんだね。
つらかったよね」

と言ったら、一瞬、離婚協議の話だと分からなかったみたいで、きょとんとした顔をしてから
「いや、一度裏切ったもう一度人間を信じるとかないだろ。
それなのに『許せ』だの『再構築』だの言ってくるから言葉でぶんなぐってやっただけ。
あんまあの話を真に受けるな」
とバッサリ。

くそwwwwww
あの時思わず泣いてしまった私の涙を返せwwwwwwww

余計な心配をかけたお詫びということで、結局食事代は兄のおごりになりました。



心ぶん殴る(収録アルバム: デスメタリック白昼夢)
心ぶん殴る
(収録アルバム: デスメタリック白昼夢)