1236. 名無しさん 2020年05月06日 09:10 ID:ql5Fp6hQ0
フェイクあり。

幼いころ、従兄(といっても一回り以上年上)に虐待されてた。
母は自分の兄(鬼籍)の子である従兄をとても可愛がっており、よく預けられてた。
流石に女の子なら預けられなかったと思うが、男だし安心してたんだろう。
虐待には性的なものも混じってたから、母に嫌われると思って(脅されて)どうしても言えなかった。

長じて何も知らぬ母が亡くなり、俺も成人後は実家(借家だった)を引き払って親族とは縁を切った。
何年も音信不通だったのだが、半年ほど前にちょっと違うが民生委員みたいなのから連絡があった。
アラフォーになった件の従兄について、
「生活を支援してくれないか」
という。
断ったし、
「そもそもなんで俺に言うのか、従兄なんか扶養義務はない」
そう言うと普通はしないが、『従兄の強い要望だった』という。
重い病気をしてそれは治ったが、『働けなくなってしまっている』と。
「このままでは自殺しかねないため連絡を取った」
という。
知らん。




しかし俺は人付き合いが下手で、1年くらい前からいろいろ仕事に支障がでてて、それで人に相談したところ、
「従兄による虐待が原因」
とか言われてた。
その人は医者ではなく大学で学んだだけなのでアレだが、
「従兄の件を克服するのが早道だ」
とか言われてた。
『直接対決しろ』って話ではなく俺の内面でのことではあったが、克服も何も今更どうでもいい存在でしかないんだが、
(なんかあるのか)
と思ってた。

それがあったんで、
「従兄に俺の連絡先を伝えるように」
と言って話を終えた。
それから2ヶ月後くらいに連絡があった。
嬉しそうだったので気持ち悪くて色々罵倒させてもらったら、従兄は泣くばかりでうざい。
さらにコロナで不安になったのか頻繁に連絡が来るようになった。

1237. 名無しさん 2020年05月06日 09:12 ID:WsaYCKwZ0
俺も
(どうせ今は金にならんし)
と店を休業して、従兄の家に向かった。
従兄は自分の家は処分しており、俺の実家の近くの借家に住んでた。

でも俺が行った時にはもうなんか風邪引いて寝てた。
(カンベンしてくれ)
と思ったが、マスクにゴーグルやゴム手袋で完全防備にした(念の為仕事で使うものを持ってきてた)。
とりあえず病院行ったか聞いたけど、『金ないからいかない』ってよ。
(もういいや)
と思って、
色々克服とかいうものをさせてもらった。

「お前はどうせもう死ぬんだ」(だからせめて最期は俺の役に立て)
って言うとまた泣いてた。
謝ってはいたよ、んで
「助けてくれ」
とも(笑って断った)。
「許さない、死んでも憎む」
って言ったらなんか、そん時の従兄の表情に気持ち悪い違和感あって、思わず
「やっぱ死んだら秒で忘れる、記憶にも残さない」
って言ったらヒュッって息吸って
「おああああ」
とか泣き出した。
忘れられるのが怖かったのか?ようわからん。

何度か通って、ある日3日ぶりに訪問したら布団の中で冷たくなってた。
絶望の極みみたいな顔して口をあんぐり開けてた。
肺炎になってたようで結局、通いはじめて2週間ももたなかった。
暑くなる前でよかった。
一応、食い物のようなものとか風邪薬とかは出してやってたんだがな。

ちなみに指一本触れてない。
(会ったら暴力振るうかも)
って思ったけど、コロナとか他の病気とか怖くてノータッチですよ。
結局コロナじゃなかったのが幸いだが、判明するまでしばらくホテルで過ごした後、帰った。
処理は行政に任せた。
遺産も無いから税金の負担になったのは申し訳ないかな、俺のせいじゃないけど。

1238. 名無しさん 2020年05月06日 09:13 ID:WsaYCKwZ0
俺はスッキリはしたけど、これで人付き合いスキルがどうなったかわかんね。
まだ休業してるし。
無駄かも。
まあこれ投下したらもう忘れる。

おまけ。
従兄の両親も俺の父親もとうに亡くなってる。
従兄の母親も俺の両親の親族で、その母親は従兄が成人した直後に亡くなってたから享年はうちの母と同じ位。
みんな随分早くに亡くなってるけど死因はバラバラ、従兄は長生きした方。
なんかの呪いでもかかってるのかもね。
もうなんかあったか聞く相手が誰もおらんけど。



忘却の整理学