78: 名無しさん@おーぷん 20/04/20(月)17:47:55 ID:cfC
学生の頃に、借りパク・掃除当番サボり・自分のやったことを人のせいにする、という迷惑極まりない同級生がいた。
不思議なことに本人の中では
「あたし身体弱いから~でも周りがそれでもやれって鬼なの~」
って周りのほうが悪いことになっていた。
生理重い人の愚痴を
「仮病乙w」
って笑い者にする人間が身体弱いとかギャグか。




なんとかして一矢報いたいと思ってたらチャンスが来た。
その子は当時、深夜のラジオ番組に嵌っているらしかった。
「好きな芸能人が司会してる」
とか何とか。
相談とか受け付けてたから、そこに葉書を送った。
「友人良い子なんだけど、ちょっと困ったところがあるんですよね」
って、あくまでギャグ風に書いた。
そしたら司会よりもゲストのほうが怒ってた。
「いやいや相手に嫌がられたらそれは弄りではなく苛めですよ。
その友人さんももうちょっと考えてくれればいいんですけど」

と。
『まあ悪い子じゃないけど、ちょっと問題はあるよね』
って空気で終了。

そうしたらその子、一週間くらい学校来なかった。
来たと思ったらふくよかな身体が骸骨みたいになってた。
あと、何でも上から目線の言動がなくなって、いつもおずおずビクビクしてるようになった。

(好きな番組で自分の事悪く言われるとか酷い事したかな)
と思わないでもなかったけど、やらなかったら三年間ずっとあの上から目線の奴隷扱いに耐えなければならなかったんだろうと思うと無理だった。


79: 名無しさん@おーぷん 20/04/20(月)18:53:35 ID:hcS
>>78
意外と打たれ弱かったなw
まあラジオで芸能人に言われたからであって、そいつにとって周りの人間はほんとにモブ扱いだったんだろう
実際は直接関わる自分の周りの人間の方が万倍も大事なんだけどね



ねえ、聞いてる? (日本語) 単行本