636: 名無しさん@おーぷん 20/03/26(木)17:02:39 ID:vu.p6.L1
因果応報を目の当たりにした件なんだけど、ここでいいかな。

高校時代に意識高い系の女子Kがいた。
Kは学級委員長とか部活のリーダーとか、兎に角仕切りたがる。
クラスでの催しなら尚更。

私はクラスカーストで下位で居ても居なくても同じという立場だから、クラスでの催しには非協力的なスタンス。
同級生も教師も黙認していた。
家庭の事情や塾で協力できない子もいたし、『出来る奴がやれば』みたいな空気だったし。
進学校だから『成績出せば十分』という見方だったんじゃないかな。
私も全く協力しなかったのではなく、最低限は果たした。
でも成績も元々振るわなかったので、図書館での勉強に費やしたかった。




だけど、Kはそれを許さなかった。
教科書は没収するわ図書館へのルートを邪魔するわ。
私は益々催し物のやる気を無くし、わざと足引っ張る真似をするほどすさんだ。
Kは
「(私)のくせに舐めたまねすんな」
と暴言をひとしきり放った。
Kも私の立場を一応は知っていたんだよね。
カースト下位の私を無理矢理参加させることに優越感あったんじゃないかな。

進級したらクラスは別々になった。
Kと私の相性が最悪で、クラスそのものも荒んできたから、流石に教師サイドもまずいと思ったのだろう。

それから15年くらい時間が流れて、
Kが飲酒運転で逮捕されたというニュースを見た。
それも、飲酒運転撲滅運動の始まりとなった県で。

協調性とルールに五月蠅く、意識高かったK。
彼女が社会の空気と道路交通法に背くとは。
同調圧力をかます者は、いざ自分に同調圧力がかかったら案外弱いのだろう。
宴会で酒を強要されて、派遣だったKは代行費用もケチったのだろうか。

詳しい事情は知らないけど、個人的には憑き物が落ちた感じがした。



談no.112 感情強要社会