692: 名無しさん@おーぷん 20/01/29(水)23:12:11 ID:zOC
友達やめようとしてるところ。

当方アラサー終盤、十年以上付き合いのあった友人がいたんだけど、神経がわからなすぎて生理的に無理になってしまった。

友達は30歳超えたあたりからすこしずつ様子がおかしくなっていた。
彼女は仕事人間だったので仕事関係の話をよくしていたのだけど、同僚(特に部下)の男性をバカにするような話の比率が年々増えていった。
さらに
「あまりにも使えないから尻を蹴ってやった」
など、微妙な笑えない話が増えていった。
同僚との会話の内容も、セクハラとしか思えないような話が増えていった。




最初のころは
(冗談かな?)
と思って笑って聞き流していた。
けれ段々、本当にやっていることのように思えてきて、
「そんなこと本当にやってるの?
だとしたらセクハラだよ」

と冗談めかして聞いてみた。
彼女の答えは
「やってるよ?
職場のおじさんたちも同じようなことしてるし、コミュニケーションの一環だよ」
だった。

この時点で、
(ちょっと無理だな)
と思ってFOし始めたある日、彼女から電話がかかってきた。
居留守したけれど何度もかけ直してくるので急用かと思い、電話に出た。
電話口の彼女は泣きながら怒っていた。
宥めながら話を聞くと、
どうやらセクハラで上司から注意を受けたらしい。
しかも、女性と年上の男性しかいない部署への異動通告付き。

私は
(仕方ないよね)
などと妙に納得してしまったのだけど、本人はまったく納得いっていないらしく、
「○○程度で」
とか
「冗談も通じない」
とかずっと文句を言っていた。

彼女自身、就職したての若いころは
「セクハラ発言された」「勝手に体触られた」
とかしょっちゅう怒っていたのに、
なんで同じようなことができるの?
注意されたのに
「騒ぐほうが悪い」「私は悪くない」
なんて正当化できるの神経がわからなすぎて生理的に無理。

…って旨の話を電話でした。
これで関係が終わりになるといいけど。



#MeTooセクシャルハラスメントとアサルトに対する刺繍のバッジのアイロン付けまたは縫い付けるワッペン