293: 名無しさん@おーぷん 20/01/05(日)00:20:40 ID:xe.q9.L1
両親は、ある武道の全国大会や世界大会の上位常連だった。
俺は武道なんかより小説や映画が好きで、将来はライターになりたかった。
だが両親はそれを許さず、幼少期から中学~高校と武道付けの毎日だった。
しかし、その武道の才能が全くないことは自分が一番理解していた。
大会では一度の勝利すらなく、高校生の時はレギュラーになれたことすらなかった。




両親は体育系の大学に入学させようと考えていたようだが、俺は
「もうやめたい」
とそれを断った。
そんな俺に両親は激怒。
「今までお前はどれだけやってきたと思ってる、まだまだお前は頑張れる」
と、まるで俺の意思が通じてなかった。
(ああこれはダメだ)
と思った俺は、
その武道で両親をボコボコにした。

才能がないとはいえ長年武道やってきただけあって、既に現役を退いて年老いた両親をボコボコにするのはそこまで苦労しなかった。
まあ俺も骨折したけど。
『武道を対戦相手以外に使ったら即破門』とは言われてたけど、その武道と決別したい一心で暴力振るったし、その時ばかりは武道習ってたことを良かったと思えた。

完全に絶縁して、おじさんおばさんを頼り普通の大学に進学して、今は売れない雑誌のライターやってる。
同じ才能がないなら才能ないで、好きなことをやっていきたい。



SAY NO
SAY NO