47: 名無しさん@おーぷん 19/10/03(木)15:52:21 ID:sL.lc.L6
以前、職場の同い年の同僚ふたりが同時期に結婚した時の事。

一方(A)は式を挙げ、一方(B)は入籍のみ。
Aの方は同僚や上司を丸テーブル1卓分8名招待し、有名な式場での披露宴だった。
私も招待されたけど、ご祝儀3万円じゃ申し訳ないようなお料理と引き出物で、300人規模の披露宴。
新郎新婦ともに父親の仕事関係の人が多かったみたい。
テレビで見るような著名人がいて中には人気タレントなんかもいたから、一緒に出席した同僚とこっそりキャアキャア言ってた。
上司なんてここぞとばかりに名刺交換に勤しんでご機嫌だったしw
必然的に、月曜日に出社した時にその披露宴の話題になった。




Aの披露宴が私たちレベルにはあまりに規格外過ぎて、楽しかったけど羨ましいとまでは思わず、ましてや比較してB可哀想なんて全く思わなかったし誰も言わないのに、
BはAが新婚旅行から帰ってきた日から激しくマウントし始めた。
(まぁBからしたら面白くないのは分からなくもないけど。)
Aの新婚旅行先は東北一周だったらしいんだが、
「派手な披露宴して東北一周とかダサすぎて笑う」
とか
「大体今時、親主体の披露宴とか恥ずかしくないのw」
等と言う。

一方でBは
「自分はマチュピチュ(だっけ?何処か忘れたけどw)に行くつもりだからその為にお金を貯めてるところ。
結婚式や披露宴に大金使うような馬鹿馬鹿しいことはしない。
親が出してくれると言っても断る。
自立できないようなら結婚なんかするべきじゃない」

とか何とか言い出して、周りの空気も徐々に変わっていって、
(嫉妬って見苦しいなぁ)
って感じに。

A自身は全く堪えてないみたいで、ニコニコしながら
「東北全然ダサくないよ。行ってみ?素敵なとこ一杯あったよ」
って。
親がかりの披露宴については
「まぁねwでもお世話になった人も沢山いるからしょうがないの」
って笑ってた。
なんか余裕の差が出たって感じ。
同じ時期だったのも自分で決めた入籍日だろうに、どうして『人は人』って思えないんだろうね。

その後、Aは妊娠して退職して行った。
Bは育休とって復帰したものの、
離婚して退職し地元に帰った。
最後までマチュピチュに行った話は聞かなかった。

比較対象がデカすぎると張り合う気にもならんもんだと思ってきたけど、そうでもない人もいるんだな。



Top Of The Mountain: a story about real love (Parables Book 3) (English Edition)