1118. 名無しさん 2019年10月03日 18:42 ID:BKeMWq5z0
婚約者から、
「君が過去にいじめをしていたことを知った。
僕はいじめられた過去があって、どうしても許せない。
婚約を破棄したい」

と言われた。
心当たりがないどころか、話したことはないけど私もいじめられてたので驚愕した。

しかし信じてもらえず。
親や妹の証言も
「信用ならない」
と。
話を聞いてみると、
一部は私がされたいじめを私がやったことになってた。
それ以外の話(高校生時代とか)は私がいじめに遭っていない時期だった。

怪しいことに婚約者は怪文書メールとその発信者のいうことを鵜呑みにしていたので、ちゃんとお金を払ってきちんとしたところで調べて貰った。




1119. 名無しさん 2019年10月03日 18:47 ID:BKeMWq5z0
結果、私はいじめの犯人だという噂は否定された。
そして噂の内容は全部、私をいじめてた女のやったことを、私にすげ替えてただけだった。
そのあたりまできっちり調査されていて、推測として
『(いじめ女)が結婚した前後に広まったことから、(いじめ女)が結婚に不利な過去をごまかすためにウソの内容を広めたのかもしれない』
とあった。

その結果が届く前に婚約者からは口汚く罵られたこともあり、
それで(いじめられた気持ちは痛いほど分かるけれども)冷めてしまって婚約は破棄した。
結果を知って復縁を求められたけど、妹が録音した罵詈雑言を聞かせたら諦めてくれ、調査費用を全額負担してくれた上で慰謝料まで払ってくれた。

1120. 名無しさん 2019年10月03日 18:52 ID:BKeMWq5z0
いじめ女については憎しみ(いじめの件ではなく今回のことについて)のあまり、
(どうしてくれようか)
と弁護士でも雇うかどうか悶々と迷ってたら、元婚約者から手紙が来た。

手紙には今回の件のおわびとともに、
・いじめ女側に慰謝料を請求したこと。
・その過程で今回の調査結果を相手夫婦に通知したこと。
・いじめ女には娘がいたが、その子はいじめられてて家庭がゴタゴタしてて、今回の件が引き金となっていじめ女は離婚前提の別居になったこと。
が書かれてた。
いじめ女の行為はちょっと推測とは違い、
単に恋人を落とすためのツールとしていじめの件を利用したらしい。
恋人にいじめられた経験()を話し、お仲間に証言をさせ、さらにその話を過去を知らない友人に広めて同情まで買ってたそうだ。
いじめ女の相手の男性は特に調べたりもせず鵜呑みにしてたらしい。

1121. 名無しさん 2019年10月03日 18:53 ID:BKeMWq5z0
ついでに発信者にはアカウントを消される前に謝罪要求と忠告(逃げたら法的に追い詰める)をして、本人と直接会ったところ、婚約者に岡惚れしてた関連会社の人だったと判明。
その人はその人で私のことをわざわざ調査し、噂の内容(≠真相)を知ったらしい。

そして手紙には、
「(私)には昔のことは忘れて、新しい人生を踏み出して欲しい」
とも書かれてた。
気がつけば婚約解消から半年も経ってた。
半年も、悶々と迷ってた。
家族がずっと心配してたのにも気付いてなかった。

その元婚約者からの手紙のおかげで目が覚め、おかげで今は別の人とではあるが幸せな人生を送ってる。

※いじめ女は娘の母親への拒絶反応が酷く、結局離婚になったようです。



新しい人生のつくり方