1117. 名無しさん 2019年09月24日 10:43 ID:pWK15HT10
復讐というか、逆恨みされてさらに逆恨みされそうだった話を。

彼氏が友人と浮気した。
もう彼氏は要らないから元彼ってことでいいんだけど。
友人も要らないから元友人だけど、こっちには付き合いが長くていろいろ助けたこともあったから割と怒りがあった。
元友人の方は
「私がしんどい時に彼氏と仲良くてムカついた。
助けてくれたことは感謝してるけど、彼氏と仲良い上に私のような辛い思いしてる人間に優しくする余裕があってムカついた」

んだそーだ。
何その逆恨み。
まあもう二度と助けないから安心してちょーだい。




…って思ってたらヘルプ要請がきたw
なんか『付き合うことになった』ってニヤニヤご紹介してくれた彼氏(件の元彼)。
「(その彼氏)に殴られる」
んだって。
わざわざ殴られた顔送ってきてドン引きマジかよってびっくりした。

そして
「別れたいから助けて」
とヘルプ要請してるのに、
「こんな男だから私に奪わせたの?私を利用したの?」
って支離滅裂w
いや知らんがな。
そんなことするなんて私もびっくりだよ。

なんか元彼が
「(私)と別れたのは(元友人)のせいだ」
って殴るらしい。
まあそれは半分は正しい(残り半分は浮気した元彼自身のせい)。
「『別れる』って言ったら殴られて蹴られた」
って怖いわ。

元友人はオドオド系でよくいじられてたし、オラオラ系に絡まれることは多かった(学生の時から何度か助けたことがある)。
元彼は付き合う前も付き合ってる間も、そんな風じゃなかったんだけどなー。
なんかそっち系?に目覚めたなら、はっきり言って怖いわ。
私は気は強い方だけど、正直肉体言語で語り合う趣味はないし元彼には確実に負ける。

なので元友人を適当になだめつつ元彼の相手をさせて、
その間に逃げて元友人との関係も切った。
元友人の要望どおり、彼とは仲良くできなくなったし、辛い思いをしてる人間にも優しくする余裕はなくなったので赦して欲しい。



HELLP! Eine Albtraumnovelle oder ein Lehrbuch ueber ein Syndrom