715: 名無しさん@おーぷん 19/07/27(土)21:45:13 ID:I6.ga.L1
私は学生の頃から友達が居なくても割と平気なタチだった。
『友達が居ない』っての言うのは『友達要りません』の意味ではなく、『友達と離れてボッチでも平気』という意味。
私の仲のいい友達は家が学校を挟んで真逆で(5キロ弱離れてた)、私は登下校中や休みの日は基本一人だった。

私は自立するまで父の社宅に住んでたんだけど、すぐ近くに父の上司が住んでおり、そこに私と同い年のA子ちゃんがいた。
A子ちゃんはボッチの私と違い、いつも友達といた。
登下校中も一人でいるところなんてまず見なかった。

A子ちゃんは私に頻繁に
「友達少ないダメな子」
と言い、周りにも
「あの子は可愛そうな子」
と言いふらしていた。
私が一人で登下校してると取り巻きと一緒にボッチであることを冷やかしてきたし、人目が無くなるとランドセルを押されたり足を引っ掛けられたり物を投げつけられたりもした。

私は父母が22~23歳のときの子供で、更に母は短大を出てからずっと看護師として働き続けていた。
対するA子ちゃんは、多分両親が35歳超えたくらいでできた一人っ子で、お母さんは専業主婦。
我が家とはちょっと対照的だったからか、A子ちゃんとお母さんからは頻繁にマウントされていたと思う。

毎回帰宅すると、鍵を開けて家に入る私の横で、A子ちゃんのお母さんが帰宅するA子ちゃんをわざわざ我が家の前でお出迎えした。
朝も鍵をかけて出ていく私に合わせて、A子ちゃんのお母さんは途中までA子ちゃんについて登校。
その最中も忘れ物が無いかA子ちゃんに小まめに確認し、忘れ物があったらお母さんが取りに戻って学校に届けてた。
私もたまにリコーダーや体操服を忘れて走って取りに帰ることがあるんだけど、家から学校まで走って戻ってる途中に待ち構えてるA子ちゃんのお母さんに、
「可愛そうな子」
と毎回言われてた。

「あなた本当にパパとママの子なの?」
「捨てられた子だからママが家にいないんじゃないの?」

も割と言われた。
当時の私は
(小学生になってもあんなお母さんがベッタリって恥ずかしくないのかな)
と思ってたし、
(働く母はカッコイイ)
と思ってたから、A子ちゃんのお母さんのマウントには一切気づくこともなく過ごしてた。

そうして対照的に育った私とA子ちゃんだけど、A子ちゃんは高校あたりから少しずつおかしくなっていった。




私は1クラスのみの特進クラスで、A子ちゃんは5クラスある普通科クラスだったからあまり接点は無かった。
けど高校生ともなると皆、自立し始める。
なのでA子ちゃんの求める “常に誰かと一緒” というのはかなり難しくなっていった。

それに私のいた高校は、普通科は入試の成績順でクラスが決まるんだけど、A子ちゃんのいた5組のクラスは男子37人・女子3人という、なんとも偏ったクラスだった。
他の1から4組は逆に女子の数が6割強で全体的には女子の方が若干多く、こんなに偏るのは歴代初らしかった。
これだけ偏ると、A子ちゃんの大好きな女子の仲良しグループによる取り巻きは作れない。
しかも他の女子二人は自立していて、わざわざA子ちゃんとつるんでおてて繋いでトイレ行ったりもしない。
頻繁に忘れ物したりトロいA子ちゃんは、移動教室でも当たり前のようにおいていかれた。
高校生活2日目くらいで、A子ちゃんを置いていったことを女子二人にキレて詰め寄ったことで早々にクラスから浮く羽目になった。
その時の話が教室の離れた特進クラスにまで届くくらいだから、相当やらかしたんだと思う。

いつ頃かわからないけど、A子ちゃんは登校できなくなった。
厳密に言えば、皆が誰かと登校している時間に一人で登校ができなくなった。
ボッチであることを周りから見られることにひどく怯えていた。

716: 名無しさん@おーぷん 19/07/27(土)21:45:28 ID:I6.ga.L1
A子ちゃんのお母さんから私に、
「A子と一緒に登下校してあげて」
と打診があった。

だけど、特進クラスと普通クラスじゃそもそも授業時間が異なる。
特進クラスは授業開始30分前には皆揃っていて、毎日課される小テストの勉強をしているのが当たり前。
授業も普通科よりコマ数が多いので、毎日7時間目まであるし、その後6時まで再テストや補講もあったりする。
普通科は5時間目か6時間目で終わりだから、帰宅するのに最短でも1時間、最長で3時間弱の差がある。
なので
「私のカリキュラムに合わせるなら一緒に登下校してあげる」
と答えたら、A子ちゃんのお母さん激怒。
「弱ってるA子のために元気な(私)が授業を放棄してでも合わせてあげるのが当たり前」
なんだって。
馬鹿らしくて学校に相談したことで、A子ちゃんとその保護者は私に接触しないよう、学校直々にお達しがあった。
A子ちゃんのお母さんはお父さんの会社にまで突撃したらしく、お陰でお父さんの会社で立場が悪くなったらしい。

結局、A子ちゃんは退学。
A子ちゃんのお母さんは私に受験が失敗するよう嫌がらせを始めた。
だけど昔っからA子ちゃん親子による嫌がらせをスルーしてた私に、今更みみっちい嫌がらせが効くわけもなく。
普通に第一志望に合格し、理系だったので院にまで進んで就職して家を出た。

私が家を出る前年にA子ちゃんたちが先にお父さんの定年退職で社宅から引っ越さなければならなかったんだけど、お母さんはそれまでずーっと
「退職金で一軒家を建てて優雅に暮らす」
と語っていたにも関わらず、A子ちゃんが引きこもりニートになったのでその夢も保留になったようだった。

何が神経わからないって、A子ちゃんのお母さんが会社のツテを利用して私の両親に
「お宅の娘にA子ちゃんの面倒を見させてあげるわ!」
と連絡してきたこと。
私の就職先を聞きつけて、あわよくばそこにA子ちゃんをコネで入社させ、私にA子ちゃんの面倒見係をさせればいいと思ったらしい。
残念だけど、私の職場、中卒はとりません。

今、A子ちゃんのお母さんはA子ちゃんの嫁ぎ先を探して東奔西走しているらしい。
「相手が沢山いて迷ってる」
んだそうだけど、私には迷走して右往左往しているようにしか見えない。



プライドが高くて迷惑な人 (PHP新書)