394: 名無しさん@おーぷん 19/07/13(土)23:55:47 ID:BQ9.2t.ol
前置き長いけど、数日たっても個人的に今でもスッキリが止まらないこと。

転職して3週間になる。
今の職場は、前職場から徒歩5分の距離。
まわりはオフィスや飲食店も多いし、職種もまったくの畑ちがいだから会うこともないだろうと思ってた。

甘かった…。
前職場の課長が営業に来た。
お互い驚いたけど適当に挨拶。
この時は担当が不在だったから、一旦お引き取り願った。
戻りの時間を聞かれたから答えたら、時間ピッタリに再び来社。
でも担当はまだ戻ってなかったので、またもお引き取り。

事務所では前職場の課長に対する文句の嵐。
「あの人いっつもアポなしで来る」
「無駄足になってもアレだし普通は先に電話で確認するよね?」
どんだけ評判悪いんだよ。




そういえばこの課長は毎日のように前職場の所長に怒られてた。
所長は本当に容赦なかった。
私を含む他のパートに対しては優しかったけど、目の前で人が怒鳴られまくってる光景を見るのはいいものじゃなかった。
こういう環境も転職理由の一つだった。
でも今回のことで、課長がなぜ毎日怒られてたのかがよくわかってしまった。
あまりにもどんくさいからなんだと。

そしてその日、3度目の来社。
またも担当は不在。
別件で急用ができて外出してしまってた。

課長は苛ついたのかニヤニヤと私に嫌味炸裂。
「お客が来たら深く頭を下げて『いらっしゃいませ』と言わないと~!」
「みんなに『(私)さんがここで働いてる』って言ったら『よく近くで働けるね』って(接点すらなかったヒステリーババァ)さんが言ってたよ!」
などと言ってきた。

当たり前だけどそれなりに丁寧に応対したし、営業したいのはそっちだよね?
むしろ客はこっちじゃないのか?
そして私がどんな思いで円満退職に持って行ったと思ってるんだ。
…とモヤモヤしてたら、
課長の背後からベテラン事務員がスーっと現れて
「事前にお電話でアポをお取りくださればよいのでは?
用があるのはそちらですよね?
弊社の社員に対して随分な物言いですね」

と一言。
課長はアワアワ。
頼まれて置いてたらしいパンフレット(の存在をこの時知った)を手際よくまとめて、課長に突っ返してた。

「お宅の責任者に意見させてもらいますのでぇぇー」
と言いながらお見送り。
「あの人は一緒に働いててもあんな感じだったの?」
と聞かれたから
「毎日怒られてました」
と言ったら、
「あんなの、所長じゃなくても怒りたくなるわ。
どーせあんなふうに自分より下には偉そうに振る舞ってたんでしょ?…ったく」

と。
そう言いながら所長に丁寧にクレーム入れるベテランを見ながら、
(課長ザマァミロwまーた怒られるでやんのw)
と思ってしまった。

「今まではクレーム入れるには材料として弱かったけど、(私)ちゃんのおかげで堂々とクレーム入れることができたわぁ」
というお礼と共にからあげくんを手渡された。
うまかった。



毎日がエブリデイ