376: 名無しさん@おーぷん 19/07/11(木)16:21:12 ID:09f
自分がやった復讐じゃないけど、書きます。

以前自分は、病院の通院介助ボランティアというのをやっていた。
病気や障害で体が不自由な人が受診するのを助けるという内容。
利用者は高齢者が多くて、大変なこともあったけど感謝されることも多くて楽しかった。

でも、利用者さんの中で一人だけ、どうしても馴染めない人がいた。
その人、仮にKさんとするけど、まだ四十代なのに不摂生が祟って両足を切断した男性。
若い頃は相当やんちゃをしてて、今は生保だけど昔は羽振もよかったらしい。

Kさんの車椅子押して病院内歩いている間は、昔の武勇伝を延々上から目線で語られた。
すべて命令口調だし、車椅子押してても
「もたもたすんじゃねえバカ!」
とか言われて嫌だった。

ある時、病院内でKさんの介助をしていたら、突然Kさんが通りすがった家族連れのお父さんに向かって、
「おい!お前○○だろ!」
と叫んだ。
ぎょっとして立ち止まる家族連れ。
呼びかけられたお父さんは固まってた。




そしたらKさんはニヤニヤしながら、
「○○、お前生意気に結婚してるんだ?
なんだよべっぴんの嫁さんじゃん俺に貸せよ」

とか言い出した。
次に子供達(中学ぐらいの男の子と小学5~6年くらいの女の子)に
「俺、お前たちのお父さんの同級生だったんだぜ」
などと言い出し、
「(学生時代のお父さんは)弱虫で格好悪くて、しょっちゅう殴ってパシリさせてやった」
とか言い出した。

自分は車椅子を押して立ち去ろうとしてたんだけど、Kさんはがっちりブレーキかけて動こうとしない。
焦ってたら、
そのお父さんが急にすごい良い笑顔になって、家族に
「うん、この人の言ってること、だいたい本当。
だからお父さん、一生懸命勉強して、いろいろ頑張ったの。
頑張ったらお母さんみたいな人と結婚できて、君たちみたいな良い子が生まれたの~。

やっぱり真面目に頑張るのが一番だね~。
今最高に幸せだもんね~」
って。
そのとたん奥さんも子供達もほっとした顔になって、そのまま皆で立ち去っていった。

Kさんはまだ
「おい!」「おい!」
とか言ってたけど、家族はもう完全にスルーって感じだった。
でもお父さんだけが、数歩先で振り返った。
ぞっとするような、すごい嘲笑だった。
蔑みの目で、Kさんを上から下までじろ~っと眺めて、また前を向いて家族と一緒に去っていっちゃった。

Kさんは
「ぐっ」
とか言って、それから妙におとなしくなった。
でも自分にはまだ偉そうに指図するので、その日の別れ際、
「Kさん今日最高にかっこわるかったっすね」
と言ってやった。



ビジネス×アスリート・トレーニング式 最高の自分のつくり方