4: 名無しさん@おーぷん 19/06/30(日)12:52:22 ID:liP.0y.ka
Aの事はある時期までは親友だと思ってた。
本当に信頼してたし、生涯付き合っていく友だと信じてた。

大学時代、私がずっと好きだったB君について相談に乗ってもらっていた。
が、気が付いたらB君はAの恋人になっていた。
「相談に乗ってるうちに気になるようになって、自分も好きになってしまった」
と謝られた時は、
(B君がAを選んだのなら仕方がない)
と受け止め、苦しいけど諦めて祝福したんだ。
友達をやめたわけではないけど、この頃にはもう親友では無くなっていたと思う。

そして大学を卒業して社会人になって半年ぐらい経った頃、Aから
「妊娠したかも知れない」
と相談された。
「B君は知ってるの?」
って聞いたら、
「話したけど、なんかハッキリしない」
って。
「“かも知れない”じゃなくて、ちゃんと病院行って調べなよ」
って言った。

けど、その後どうだったか連絡がなく。
私自身がその頃、研修後の配属先が決まる頃で、その配属がどこになるか気になって正直Aの妊娠どころじゃなかった。
決まった配属先が希望していた地元に近い地方都市だったので、報告メールしてその時に検査の結果にもそれとなく触れてみたけど、返信そのものが来なかった。

Aの性格からすれば、妊娠じゃなかったのならそう言ってくるだろうし、妊娠がキッカケで結婚することになったのなら余計に何か言ってくるだろうし。
(何も言ってこないってのは…)
と思うとそれ以上何も聞けず、引越しの準備やなんやらで忙しいことも相まって、結果それ以降疎遠になっていた。




5: 名無しさん@おーぷん 19/06/30(日)12:52:35 ID:liP.0y.ka
2年ほど経って大学時代の友人の披露宴に出席した時、そこでAが結婚していたことを知った。
Aの披露宴には大学時代の友達が何人か出席してて、
「(私)ちゃんにも会えると思ってたのに欠席してて残念だった」
とか言われたけど、招待そのものがされていなかった。

そして驚いたのは、相手はB君ではなく、Aにはすでに子供がいるということ。

その子は、年齢的に私に相談した時の子を産んだ子っぽい。
その話から披露宴に出席した友人の話によると、招待自体が急だったらしいし、披露宴ではお腹が膨らんでてデキ婚を隠さなかったらしい。
新郎はAの就職先の先輩であり教育係だったそうで、
「お互いに一目惚れ」
だったそうだ。
なので、
「就職浪人(B君は卒業まで内定とれなかった)のB君から乗り換えたんだと思ってた」
んだそうだ。

でも私は就職して半年後に、その時点ではまだB君と付き合ってたことは知ってるし、あの時の子だったなら、
「B君との子」
ってのは本人から聞いてたわけだけど。
実際は当時から二股だったのか、そのあたりが良く分からなくなった。
とにかく既に疎遠になっているし、
(今後も関わらない方が良さそうだ)
と思った。

それから数年経って私も結婚し、今度は彼の仕事の都合で再び都会へ戻り、大学時代の友人に会う機会が増えた。
その友人から
「そういえば(私)ちゃん、Aと親友だったじゃん。アレ、知ってたの?」
って聞かれて、なんとなく『子どもの事だろう』とピンと来たけど、『知ってたの?』と聞かれると何のことか分からない。
で、
「親友だったのは卒業ぐらいまでで、その後はほとんど会ってない」
ってことを話した。

結論から言うと、
Aは托卵がバレて離婚していた。
その後、B君に認知と養育費を迫って泥沼状態に。

Aの言い分は、
「Bが妊娠を告げても結婚してくれないからこうなった」
と。
Bの言い分は、
「就職先も決まらないのに結婚とか考えられなかった。ましてや父親になるとか。
連絡がなくなったから堕ろしたんだと思ってた。今頃認知とか言われても」

と。
Bの方は結婚話が進んでる時だったからこの件で破談になった。

多分Aはどっちの子か、あの時分からなかったんだろうな。
一か八かで先輩に賭けてハズレてしまったんだろう。
その話を聞いて思ったのは、
(B君にフラれたのは私的には良かった)
と。
(Aも大概だけど、B君も妊娠するようなことをしておいて責任取れないようなやつだったのか)
と思った。



自滅する選択