304: 名無しさん@おーぷん 19/06/24(月)18:48:33 ID:???
修羅場スレが古すぎで投稿出来ないって言われたからこっちに。

私が彼氏(現旦那)を実家につれてきた時、両親・兄・姉はちゃんと外面被ってくれたのに弟だけ私の黒歴史を暴露してきた。
とはいえ彼氏は私がオタなこと知ってたから別に大丈夫だった。

そしたら弟、
「(私)の黒歴史ノートを見せる」
とか言い出した。




瞬時に蘇るマイメモリー。
(ヤバい)
と思った時には二階へ駆け出してる弟。
「やめなさい」
と悲鳴を上げながら捻挫した足で追いかける私。
二階の元私の部屋=現物置部屋で天袋を探る弟。
そこへようやく部屋にたどり着いた私が見たのは、
黒革やらリベットやらで豪華に装丁した極厚の厨ニ本(中身は二十冊ほどノートを束ねただけ)を取り出した勢いで踏み台から落ち、さらに雪崩落ちるオタグッズの追撃を受ける弟の姿だった。

その後、失神した弟は念の為近くの病院に連れて行かれ、その隙に私は黒歴史を再び封印し(彼氏は家族と談笑してた)、戻ってきた弟は姉によって
「彼女が出来たらお前が××してるとこ見た話するぞ?」
と脅されて撃沈した。

(いずれ私も仕返ししてやろう)
と思ってたが、
弟には今のところ彼女ができることはなく…。
まあ仕事は頑張ってるみたいだし、だいぶ挙動も落ち着いてきたのでとりあえず許すことにした。



沈黙のメモリー 加州探偵事務所シリーズ