179: 名無しさん@おーぷん 令和元年 05/01(水)21:09:25 ID:7ck
引かれるかもだけど、一生のうちに一回はモテモテになりたくて高校生のとき努力しまくった。
食事制限したり運動したり、メイク覚えたり。
そのおかげか結構モテるようになって、全国紙の読者モデルになるくらいにはなった。

それで満足してたんだけど、ある日、地元駅で待ち伏せされてた。
中学生みたいなシミがついた英字シャツに、洗ってなさそうなテカった顔のもさい男。
「これからカフェいかん?」
って誘われたけど無視したら
「おい!」
って腕を掴まれた。




「キャー」
って叫んだら、駅員さんが飛んできて助けてくれた。
その男は
「違う!俺彼氏で!」
って必死に言っててキモかった。

その後わかったけど、
その男は中学生のときにバレンタインチョコをわたしたマサトシくん(仮名)だった。
マサトシくんは足が速かったからモテモテで、当時モサかった私のチョコは
「ブスがイキってるwww」
って男子に晒されて捨てられた。

そのマサトシくんに、
「俺のためにキレイになったから付き合ってあげることにした」
って面と向かって言われてぞっとした。
なので、復讐としては弱いけど
「いやいや絶対無理だしお前のことすっかり忘れてたし鏡見なよブサイク」
って言って帰った。

それから十数年。
いまマサトシくんは結婚して幸せらしい。
「あのときの(私)の言葉で目が覚めた」
って聞いて、ちょっと嬉しくなったので書き込み。

よかったなマサトシくん!



言語への目覚め活動 ―複言語主義に基づく教授法