860: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/20(土)15:45:24 ID:RNi.a6.e0
幼馴染みのA子の、母親の話。


A母は、A子の性的な面に対して、異常なまでに過敏だった(母子家庭)。
当時子どもだった私には、その異常性はあまりよく分かってなかった。
けど、何かとA母に相談を持ちかけられていたうちの母親は、狂気のようなものを感じ、ほどほどの付き合いを心掛けていたらしい。

そんなうちの母に聞いたA母列伝。
・幼稚園時代から、A子はブ◯ジャーとナ◯キン着用。
・肌を露出する服装はもっての他。スカートをはくときはロングタイツがマスト。
・一年生のとき、隣の席の男子と手をつないで校内探検をしたことに激怒(クラスみんなやってたことなのに)。
校長室に怒鳴り込み、「おおやけの場で異性が接触するとはふしだらだ」と猛抗議。
・グループ活動や当番活動をするとき、A子がいるところは女子のみになる(男子がいるとA母が暴れるから)。
・プール学習も男女別の日に実施しろと相当騒いだらしいが、さすがにこれは学校側が拒否。
結果、A子は小学校時代プール学習は常に欠席。
・修学旅行ともなるとA母発狂状態。事前の性指導では、お知らせのプリントを受け取った時点でA子が「ママに怒られる」と嘔吐。
旅行当日含め、前後しばらく登校拒否状態に。

とにかくA子が男子と交流する機会を、これでもかと制限しまくっていた感じ。




それでもA子自身は、大人しくてぽわーんとした感じの普通の子だから、比較的仲良くしていた。
だけど成長するにつれ、A子ではなくA母が私に粘着するようになってきた。
A子は男子と遊ぶことを禁じられていたから、ちゃんと守っているかを私を通して確かめたかったんだと思う。

中学になるとますます酷くなり、A子に悪い虫がつかないよう私を番犬のように扱うようになってきた。
A子が何をするにも、どこへいくにも、A母が私のとこに来て
「A子ちゃんについててあげてね」
と頼んできて、さすがにうんざり。
これにはうちの母親も憤慨し、私の母とA母は決裂。
それに乗じて、私もA子とは距離を置くようにした。
本人に問題がある訳じゃなかったから、見捨てるようで心苦しかったけど、あの母親がしゃしゃり出てくるのには耐えられなかったから。

中学で新しい友達もできたし、そのころA子にも新しい友達ができて、私たちは次第に疎遠になって、別々の高校に進学した。
向こうが女子高に進学したとは聞いたけど、それきり連絡することもなくなった。

861: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/20(土)15:45:30 ID:RNi.a6.e0
時は流れ。
私は地方の大学を出て就職。
職場で知り合った旦那と結婚、妊娠して里帰りをした。

実家近所のスーパーに、母と父と一緒に買い物に行ったとき。
ものすごい悲鳴とともにシワだらけの老婆につかみかかられた。
すぐさま父が間にはいって応戦、周りのお客も巻き込んで結構な騒ぎに。

母や客に守られ私は無事だったんだけど、
金切り声でわめく老婆はなんとA母だった。
店の人や警備員が来ても、A母はわけの分からないことを吠えるばかりでとても話ができる状態じゃなく、警察を呼んでも手がつけられないほど暴れまくり、あげく泡を吹いて昏倒したらしい。
私は妊婦ということで現場を父に任せて母と先に帰宅し、その後のことも両親&旦那に任せてしまったので、以下は伝聞なんだけど。

店で昏倒したA母は病院搬送。
私をかばった父が眼鏡破損&引っ掻き傷を多数受けたため、被害届提出。
警察に事情を聞いたところ、A母は私に対し、
「あんたのせいでA子は気が狂った、その張本人がのうのうと妊娠してるのが許せなかった」
とわめいているとか。

そこで母が、近所のおばさまネットワークでA母&A子のその後をリサーチ。
そうしたら、女子高~女子大と進学したA子は、地元の一般企業に順調に就職していた。
A母の教育のたまものあってか、男っ気もなくいつも女の子の友達に囲まれ、数年前まではA母自慢の娘だったそうな。
しかしある日、A母子の住むアパートにA母の絶叫が響いた。
何事かと近所の人が集まるなか、
泣きじゃくるA子と、血にまみれたA子と同い年くらいの女性と、同じく血だらけのA母が救急車で運ばれる事件が発生。
なんでも、A子と先の女性はいわゆるセ◯レだったらしく。
そーゆーことをしてるのを目撃してしまったA母が、文字通り発狂して刃傷沙汰を起こしたらしい。

小さい頃から男性と関わってこなかったせいなのか、A子、すっかり百合の世界に目覚めていたようだ。
大学時代から、いろんな女友達を自宅に招いていたのは、そーゆーことだったらしい。

A母の激昂ぶりに恐れをなしたA子は事件後、どこかへ逃げるように姿を消した(新聞にのってないから相手の女性も無事だったか?)。
A母はアパートに残っているものの、事件以降めっきり老け込み、目付きも怪しくなって近所では腫れ物扱いだったようだ。

それでどうして、A子の現状が私のせいになるのか、さっぱり分からない。
A子の周囲から徹底的に男性を排除したのはA母だろうに。
その中でしか恋愛できなかったA子が、そういう風に育つのも、ある意味ありうることなんじゃないかなぁと思うのだが。

一番神経分からんと思ったのは、
A母、いつの日かA子の産んだ孫を抱くのを楽しみにしていたらしい。
なんというかもう、A子がマリアさまじゃなくて残念でしたねとしか言いようがない。


ちなみに、A母が近くにいるのは怖すぎたので、父母を逆に私の家に呼んでの出産となりました。



或る一人の女の話/刺す (講談社文芸文庫)