428: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/15(月)21:28:20 ID:iER.iw.71
モラハラというものを初めて見た。

先日、夫と夫の後輩の家に行ってきた。
後輩が夫にとても世話になっているとのことで、新居に引っ越して落ち着いたから遊びに来て欲しいと打診があった。
ただ、後輩の奥さんが今妊婦さん。
夫は一度は断ったそうなんだけど、奥さんも是非にとのことで、
「それなら申し出を無下にするのも悪いだろう」
と考えて夫婦2人で手土産とお祝いを手に伺った。
私も行くことは事前に連絡済み。




行くと後輩が奥さんに逐一嫌味を言う。
私たちに奥さんが温かいお茶を出すと
「お茶熱すぎると思うんだけど」(熱いけど飲むには問題ないレベル)
「(夫)先輩はお客様なんだぞ?椅子くらい引けよ」(ダイニングテーブルで夫が勝手に座る椅子を引いたから)
という具合に、細々とずっと奥さんに文句を言い続けていた。

(赤の他人が夫婦への口出しするのも)
と思って、なるべく奥さんのフォローと後輩の嫌味を話をそらすことで流そうとしたんだけど、酒も入ってたからか、
後輩の話が家事のことになった時にその嫌味がこっちに向いた。
曰く
「家事をやる(私の夫)は奴隷で情け無い」
「妻の(私)が有能な(夫)である先輩に家事をさせるなど無神経極まりない」

って。

正直私は
(この後輩ヤバイわ)
と感じてたのもあってハイハイ頷いてたんだけど、夫がその言葉に静かにキレた。
「2人で決めたことを奴隷と言われる筋合いはないし、夫婦のことに口出す君の方が無神経だよね」
と笑顔で。
ついでに
「君が奥さんに言う嫌味がとても不快だ。
奥さんは赤ちゃんお腹にいて動くのが大変なんだから君がすればいい。
役に立たない木偶の坊は君だと思う」

とも。

後輩は黙ってしまい、すぐに夫に促されて2人で失礼した。
奥さんは平謝りで玄関まで見送ってくれた。

430: 名無しさん@おーぷん 平成31年 04/15(月)22:01:47 ID:iER.iw.71
家に帰る途中で、夫は私に感謝と後輩に言われたことを謝ってくれた。
あと
「妊婦さんがいる家に行くのはやっぱ迷惑だからやめよう」
と2人で反省した。

そして昨日、会社の別の後輩B経由で
「(後輩)の奥さんが家を出てった」
と夫が知った。
Bは後輩と奥さんの共通の知人で、
奥さんからお祝いのお返しと感謝を言付かってきていた。

夫は「怒りもあったとはいえあの時は言い過ぎだった」と落ち込み反省しているが、
(先日のことがなくても赤の他人の前であそこまで嫁sageしてる男が嫁から切り捨てられるのは時間の問題だったろうな)
と思う。



秒針と君