【閲覧注意】:長文です。

878. 名無しさん 2019年02月25日 14:41 ID:CbEyJYKw0
私も批難されると思いますが。
一応フェイク入れてます。

私は小学5年の時に、中1の従兄に性的ないたずらをされた。
(性的虐待や性的暴行って言うと継続性や実態から見て違うかもしれないのでそう書くけど、軽く見て “いたずら” とした訳ではありません。)
そのことがあってから、比較的近くにあった従兄の家(叔父=父の弟、叔母、従兄の3人で住んでた)には近寄らないようにした。
その時に脅されたこともあり、もちろん家族にも言えなかった。

私が中1になった時、親族の人がちょっとした競技で代表に選ばれて、壮行会みたいなのが開かれた。
親族でもお祝いの宴会みたいなのが本家(叔父家の隣)で開かれて、その時に従兄に再会した。

879. 名無しさん 2019年02月25日 14:41 ID:CbEyJYKw0
従兄になんか会わないといいと思ってたし会っても避けてたが、ちょっとトイレに立った時に捕まってしまった。
中3になった従兄は私に
「家族がいない時に俺の家に来い、来ないならこの写真ばらまく」
と言って私に写真入りの封筒を渡してきた。
封筒には2年前の性的いたずらの時の写真が何枚か入ってた。
眼の前がクラっとしたのを覚えてる。

叔父は写真やクラシックが趣味で家には現像室や鑑賞室をDIYで作っており、従兄も自分で写真を現像できた。
(当時はガラケーの写メが流行りだしてたけど、従兄も私もケータイは渡されてなかったので流出とかはなかったのは幸いだった。)
いま思えば、従兄は私を高校受験のプレッシャーと叔母の過干渉のストレスのはけ口にしようとしてたんだと思う。
他所は知らないけど高校受験に失敗すると底辺高に行くか中学浪人するしかない。
従兄は叔母から
「(ランク上の)高校受験頑張って!」
って言われてたし、反抗期もあってか宴会でも陰で
「ババアうぜえ」
みたいなことばかり言ってた。

そんな叔母は従兄と一緒に何か話してた私に嫌味たらしく絡んできたが、私に何か反論する気力はなかった。
もちろん親族一同が揃ってるその場で従兄に逆らって告発なんて出来なかった。
写真をみんなに見られるくらいならいっそ死んだ方がマシだと思った。

880. 名無しさん 2019年02月25日 14:43 ID:CbEyJYKw0
それからしばらくして、叔父が在宅して従兄がいない日に訪ねた。
(それまでは2回ほどこっそり本家に“遊びに”行って隣の様子を見て、叔父の在宅と従兄・叔母の不在を確認してた。)
叔父に挨拶をして、
「学校で使うからクラシックのCDを貸してほしい」
と話し、鑑賞室に入れてもらった。
そして家に帰って、夜になってから
「(叔父家)に忘れ物をした」
と言って父に車で叔父家まで連れて行ってもらった。

ここからが緊張した。
私は叔父家で忘れ物のことを告げ、忘れ物が見つからないから自分で探すように言われて、父と一緒に叔父宅にお邪魔した。
そこで父と鑑賞室に入る前に、ちょうど叔父一家が揃っているところで父に
「私、叔父さんにいやらしいことされた」
と告げた。

そこからは修羅場だった。
最初はみんな「え?なに?」みたいな反応だった。
それからなんのことかわからず慌てる叔父や、やはり「え?」って反応の父、何か言いたそうにしてる従兄、慌てたのか何言ってるか分からない叔母とカオスになった。




881. 名無しさん 2019年02月25日 14:44 ID:CbEyJYKw0
そのあたりのやり取りはすごくゴチャゴチャしたのであまり覚えてないし整理して書けないが、
私は、2年前に鑑賞室でされたこと、そこにその写真が仕舞われててここに来た時それを見せられたこと、それが鑑賞室のCDに隠されてる(私が隠した)こと、その写真を私に見せながら「また来るように」言われたこと、をその場で父に告げた。
そして混乱の中で父がその写真を見つけ、叔父に殴りかかりそうになるのを私が止め、叔父が身の潔白を訴え、従兄が何か言おうとしては何も言えずにウロウロし、叔母が泣き叫んでる状態のまま叔父家を出た。

私が従兄にされたことを「叔父にされた」と言ったのは、後で述べる件があったことと、
この事をウヤムヤにされたくなかったからだった。
従兄にされたと言えば、従兄を溺愛する叔母が従兄を庇って私を攻撃してくるだろう。
そしてまだ中学生であること、親戚であることから、警察沙汰にもならず、身内を庇ったり外聞を気にしたりで親族内で内々に済ましただろう。
それは嫌だった。
でも、叔父がやったことだったらおおごとだ。
従兄を溺愛してる分、叔父をないがしろにしてる叔母は、宴会の席ですら息子である従兄と趣味で仲が良い叔父に当たりがキツかった。
私も宴会の席では
「受験時期に女が話しかけるな」
的なことを私も言われた。従兄から声かけてきたのに。
実際叔母は、
「(従兄)が受験なのになんてことを」
って半ば過呼吸になりながら叔父を責めていた。

882. 名無しさん 2019年02月25日 14:49 ID:CbEyJYKw0
写真には従兄の姿は写ってなかった(従兄がそういう写真を選んで私に渡したんだろう)けど、一部裸の私に鑑賞室で従兄がした行為の結果はしっかりと写ってた。
動かぬ証拠が現場である叔父宅の鑑賞室から出てきたわけで、ただでさえ混乱してる叔父はかわいそうだが知らぬ存ぜぬしか言えなかっただろう。

もしこの時、従兄が自白したなら、私はそれを受け入れて叔父がやったと言ったことは撤回したかもしれない。
もし警察を呼ばれたら、捜査によって私の拙いウソは全部覆されただろうと思うが、そうなったら犯人は誰だって話になるわけで。
その時は私も諦めて「従兄の仕業だ」と白状しただろうし、少なくとも警察が介入した事実は残るから、高校受験を控えた従兄には大ダメージだっただろう。

でもそうはならなかった。
従兄は自分のやった行為を決して語らず、叔母は叔父を責め、結局離婚する運びとなった。
父も叔父を責めたが、途中からは私の頼みもあって私のケアに努めてくれた。
結果的に内々で済ますことにはなったが、ナァナァで済まされないなら私はそれでよかった。

883. 名無しさん 2019年02月25日 14:50 ID:CbEyJYKw0
わけもわからず離婚、親族からも絶縁となった叔父について “私は” 申し訳ないと思う。
叔父は当初警察介入を望んだものの、
「(従兄)にどんな悪影響があるか」
と叔母に責められ、また親族からも内々で解決すべきと説得されて諦めた。
(親族には具体的な部分をぼかして最低限の説明を父がしてくれた、ありがたい。)
叔母は全否定する叔父からは財産分与の他は慰謝料を受け取れなかったものの、嬉々として従兄を引き取って引っ越していった。

従兄は叔父と暮らしたがったが、そんなことは状況が許さなかった。
今思えば、
(仮に状況が許しても、自分のやった罪を被る父親とノウノウと暮らせたのだろうか)
と呆れるが、叔父自身もすぐに家を売って引っ越して仕事も辞めて音信不通になった。

こちら側の親族との連絡を叔母は全て断ったため、従兄がどうなったか不明だったが、別の仲良かった従弟(公務員)が偶然会ったらしく近況が分かった。
結局、従兄は上記事件や環境の変化もあって高校受験に落ち、底辺とはいえないが滑り止め高に通ったものの過干渉の叔母のためにトラブって中退、いまは母子2人で暮らしながらなんとか仕事をしているそうだ。
「見た目は太ってだらしない格好で『ババアうぜえ』って口癖は変わらなかったが、逃げ出さないんだから(叔母)と上手くやってるのかもしれない。
でも(叔母)がいる限り結婚とか無理だろうな」

と、何かの申請に来た窓口で従兄と偶然会った従弟が語ってた。

884. 名無しさん 2019年02月25日 14:57 ID:CbEyJYKw0
私はここまで上手く従兄を遠ざけることができたどころか、従兄の家庭を崩壊に導けて後腐れなく遠くに追いやることができたことに驚いた。
中1の私だけじゃあ絶対こんなこと思いつけなかった、せいぜい父か母に相談して親族内でカタをつけるのがせいぜいだっただろう。
それじゃあまた従兄が何かしてくるかもしれない、禊は済んだとばかりにまた接触してくる可能性だってあった。
でも私には味方をしてくれた従姉(当時二十代、先の従弟の姉)がいた。
その従姉のアドバイスがあったから、叔父に罪を被らせることにできた。

従姉は叔父に私と同じように性的な嫌がらせをされたそうだった(嫌がらせと言ったからセクハラかなと思うが、詳しくは聞いていない)。
後で知ったが叔父が離婚になったのも、従姉が
「証拠こそないが私もかつて被害者だった」
と証言してくれたことも大きかったらしい。
宴会の時に私の態度を見た従姉が終わった後で声をかけてくれて、相談に乗ってくれて、こうしてどうにか心に折り合いをつけて生きていけてる。

私は叔父に何かされたわけではないので、書いた通り叔父を気の毒にも思うが、
(従姉の言う通りなら因果応報だ)
と思うし、今だって
(従兄は別に罪を償ったわけではないのだから、その分を育てた親の責任として罰を受けてるんだ)
って自分を納得させてる。
もしかしたら…もしかしたら私を利用して叔父に復讐したのかもしれないが、当時の私の気持ちを聞いてくれて、応援してくれて、全部終わった後も精神的なフォローを続けてくれた従姉には感謝しかない。

887. 名無しさん 2019年02月28日 02:35 ID:dcC5kjSv0
>>878-884です。
書き忘れておりました。

叔父は音信不通になりましたが、その前に従姉が何かをしたようです。
元々、従姉から
「(叔父)にはきちんと引導を渡すから心配しなくていい」
と言われておりました。
最初は従姉の証言がそれだったのかと思ったのですが、離婚直後の叔父に対し何かをしたようです。
“叔父にされたこと” 同様、何をしたのか語ってはくれませんでしたが…。
ただ、
「(叔父)はおそらくもうこちらに寄り付くことはないだろう」
ということ、
「もし(叔父)が何かしてきても従姉に対してするだろうから安心して欲しい」
と言われました。
私は例の写真が従兄の仕業で従姉の入れ知恵だと教えて黙らせたのかとも思っていましたが、それだと私に秘密にする必要もなく。
しばらく気にはなっておりましたが、あれから年月も経ち、従姉は元気ですが今は遠い地で楽しそうに暮らしており、私は私も従姉もこのことはもう忘れてしまってもいいと思っています。

長文、失礼いたしました。



罪と罰 1巻 (バンチコミックス)