860. 名無しさん 2019年02月03日 18:41 ID:pm2cidlg0
去年しばらく田舎で静養してたら、ショッピングセンターでいじめっ子だったA子を見かけた。
もう十数年会ってなかったのに、見た瞬間分かって、なんか息の仕方忘れるわ動悸はするわ、でもなんとか進行方向から外れて逃げた。

用事済ませて帰ろうとしたらまたA子を見かけた。
今度はA子は店の中にいて、ガラス越しなので少しだけ安心しつつ、
(やはりさっさと帰るべきだ)
と思ってそそくさと行こうとした時、
A子が万引きしてるシーンを見てしまった。




びっくりしたけど
(ああ十数年前から変わってないのね)
とも思った。
その時初めて、A子が30にもなっていて自分も同じ年だって理解した。
A子を見た瞬間の精神的な時間の巻き戻しが解けた感じ。

んで速攻そのお店の会員証出して電話番号確認して密告。
お店から距離を置いて出口を眺めていた。
しばらくするとA子が出てきて、店員さんが追いかけて「ちょっとこちらへ」~。
さらにしばらくするとSCの警備員さんらしき人もお店に来た。
そこまで見て帰った。

なんかその後、体調も良くなったので仕事に復帰した。

861. 名無しさん 2019年02月03日 18:41 ID:pm2cidlg0
今年になって帰省したらA子が離婚してた。
A子は窃盗癖で「次やったら離婚」ってなってて、ついに捕まって。
例の万引き品が割と高額だったし前科もありで夫にも知られて、とうとう離婚になったらしい。

なんで知ったかと言うと、A子が捕まった時に私を見たらしく、どういう理由か知らないが私に連絡取ろうとして実家に電話とかしてたそうだ。
A子のことを知ってる親はもちろんきっぱりシャットアウトしてくれてた。
昔のことを考えるに、おそらくA子は私に罪をなすりつけるべく連絡してきてたのかな?
まさか私が通報したとは思ってないだろう。

親はA子の元夫にどうにか連絡取っていろいろ言ってA子の凸電を止めさせたみたい。
A子はとっくに親には見限られてたからか、最後に謝罪の電話してきた時に
「心配してくれる親がいて(私)がうらやましい」
とか言ってきたとか。

とりあえず親には美味しいお酒買ってきた。
ありがとう。



変わらないもの (ストリングス・バージョン)
収録アルバム: 劇場版アニメーション「時をかける少女」オリジナル・サウンドトラック
売り上げランキング: 280,116