649: 名無しさん@おーぷん 2019/02/02(土)13:25:22 ID:yIW
同僚のA子は略奪女だった。
A子は特に美人でもスタイルがいいわけでもないし、グイグイ押すタイプでもないんだけど、気がついたら略奪されてるんだそうだ。
男にしか分からないフェロモンでも出てるのかもしれない。

私とA子は仕事で絡むことが多かった。
私の持ってるメイン業務は、A子の仕事が滞ると止まってしまうので、ちょこちょこA子を手伝ったりしていた。




私は部署が違うB男とも、仕事でちょくちょく絡んでいた。
その内なんとなく仲良くなって、仕事関係なく色々話すようになった。
(いい感じだなー、これは付き合っちゃうかな?)
と思っていたら、突然B男がよそよそしくなった。
(馴れ馴れしくしすぎたかな)
と反省もしたし、急に冷たい態度を取られて落ち込みもした。

でも、それは、A子に彼氏を奪われた人たち+その友達の仕業だった。

「A子と仲のいい(私)はA子と同罪。
だから彼氏(じゃないけど)を奪ってやれ!」

と、協力してB男がA子被害者の一人と付き合いだすように仕向けたんだそうだ。
廊下でその人たちに取り囲まれて
「彼氏を奪われる人の気持ちが分かった?pgr」
とやられて、事情が分かった。

「私はA子の同僚だけど友達じゃないし、人の彼氏を奪ったこともない。
あなたたちのやったことはA子と同じ」
と言ったら喚かれた。
揉めてたら部長が通りがかって、
「あ、(私)さん、この間作ってくれた資料の事だけどね」
と話しかけてきて、その場から連れ出してくれた。
A子被害者ズから離れた後、部長は
「何かあったら相談に乗るからね」
と、ありがたい言葉までくれた。
幸いにも、その後、A子被害者ズに絡まれることはなかった。

なお、B男は一カ月と経たずにA子に略奪されていた。

B男と付き合わなくてよかったのかもしれない。



分かったこと。
分かったこと。