853. 名無しさん 2019年01月23日 04:25 ID:gKXhdo6Y0
復讐というか黒い過去というかですが。

小学~中学の間、私をいじめてきた男子Aがいました。
体格とか容姿は普通でしたし私以外にはそんなことはなかったのですが、私にはすごく乱暴者でした。
いじめ…というとちょっと違うかもしれませんが、エスカレートしたいじわるというかそんな感じです。
友達がかばってくれたらすぐ止めるのですが、私が一人になるとまたいじわる。
帰りも一人だとなぜかバッタリ出会っていじわるされるので、いつも友達が一緒に帰ってくれてました。

ちなみにいじわるで多かったのが【体を掴む】【触る】【小突く】【持ち物を漁る】などでした。
一度生理用品を入れたポーチを盗られた時はさすがに先生にきつく叱られてましたが、いじわるは止みませんでした。
正直迷惑だし嫌いだしでも乱暴で怖いし居なくなってほしい男子ナンバーワンでした。

854. 名無しさん 2019年01月23日 04:26 ID:gKXhdo6Y0
中学になるとさすがにそんなことはなくなりましたが、変な噂をバラまかれたり、帰り道でやっぱり “偶然” 出会ったり。
変な噂というのは
「(私)がAを好きだ」
とか、
「(私)がAに告白した」
だとか。
速攻否定して
「だよね」
で鎮火しましたが。

まあここまでいくと友達に
「あいつ(A)、○○(私)のこと好きなんじゃない?」
って言われるほどになりました。
鈍い私は言われるまで気付かなかったのですが、というか言われても
「まさかー」
で笑い飛ばしました。
どっちにしろそいつのことは嫌いだったのでどうでもよかったです。
むしろ好かれてたら気持ち悪いので自衛本能で否定したのかもしれません。
中学卒業の時なんか、式の後で追っかけられて走って逃げました。




ちなみに
「Aが嫌い」
って話は周りにずっとしていましたが、A本人から私が直接何か言われてるわけでもないので、Aに直接「嫌い」と言ったことはありませんでした。
友達との話に混ざってくるし無視してるといつまでも居るので、
「近寄らないで」
とは何度も言いましたが。

ちなみに私はモテるようなタイプではありません。
夫となる人と付き合い始めるまでは喪女です喪女。

855. 名無しさん 2019年01月23日 04:26 ID:gKXhdo6Y0
高校はAとは別でした。
が、自転車で登校中にAと “偶然” 出会うことがあり、それからは毎日微妙にコースや時間を変えて通学しました。

大学に入り、成人式で友達としゃべってるとやはり “偶然” Aがやってきました。
(あの人数で見つけられるのか…)
とさすがに私ももう “偶然” とは思えなくなりました。
私に話しかけて来たAに適当に対応してると、Aは
「俺はビッグになる。芸人として!」
と宣言しました。
「そのために(地元の大学)を辞めて大阪に修行に行くんだ」
と言い放ちました。

私は関西の大学に通ってたので距離が近くなるだけでも嫌だったんですが、
ふと思いついて
「そうなんだ!すごいね!頑張って、応援してる!」
と言ってみました。
Aは私が某芸人のファンだから思いついたのでしょうが、嬉しそうにしていました。
「メールアドレスを教えてくれ」
って言われましたが、その当時流行りだしたSNSのアカウントを教えて誤魔化しました(当時はまだSNSよりメールアドレス中心で使ってました)。

856. 名無しさん 2019年01月23日 04:28 ID:gKXhdo6Y0
その後、地元の大学の友達によるとAは宣言通り大学を辞め、
「芸人を目指す」
と言って消えたそうです。
私はAが芸人として成功するとは思ってませんでしたが、私に関わらないなら別にどっちでも良かったです。

それから、AからはたまにSNSで近況報告が来ました。
最初はしょっちゅう来ました(「会おう」とか)が、頻繁すぎるので
「ちゃんと修行してるのか」
と苦言を呈すると減りました。
しかしAはまったく芽が出ず、バイトで食いつないでいるようで、
「もうやめようかな」
などと弱気になったり。
そのたびに
「頑張れ、もう少しだよ」
などと心にもなく励まし、ウン年が経ちました。

Aは今でもビッグになるべく頑張っています。
が、最近は
「支えてくれた○○(私)に申し訳ない」「もう別の道でビッグになるしかない、起業しようか」
「ユーチューバーのチャンネル登録、友達にお願いして」
「○○を待たせすぎた、これ以上迷惑をかける訳には」
などとSNSに意味不明の供述も始めてて、
なんだかこわいと思ってSNSを退会しました。
(退会したSNSアカウントはA専用みたいなもので、友達とは別のSNSでつながっているので問題ありません。)

857. 名無しさん 2019年01月23日 04:28 ID:gKXhdo6Y0
両親が他県の兄夫婦のところに同居になり、私も結婚して引っ越すことで地元とは縁が切れたので、もうAと関わることはないでしょう。
今思えばAにはストーカーっぽいところもあり、運良く成人式のタイミングで物理的に離れてくれたのが幸いしたのかも知れません。
私はおそらくAの人生を狂わせたのでしょうが、もしかしたらAに人生を狂わせられた未来もあったかと思うと、周りの理解もあった私はラッキーだったんだろうなと思います。



Far Away
Far Away