588: 名無しさん@おーぷん 2019/01/09(水)03:45:45 ID:sDU
アパートの駐車場に車をとめたらキチに逆恨みされて死にそうになった。

高校を出てすぐ地元から遠く離れた地方に就職して、駐車場つきのアパートを借りて一人暮らしをはじめた。
その地方は通勤手段が車しかない地域だった。
未成年だったから、親に保証人になってもらって、貯金もないから三か月間は親が家賃を負担してくれる約束になっていた。
免許をとったばかりだったから車には若葉マークがついていた。
車は父のお下がり。
駐車場はアパートの前にある専用だった。

引っ越ししてきて一週間ほどが経ったある日。
いつものように駐車場に車をとめてアパートに入った直後、
鬼のようにピンポンを連打された。
びっくりして慌てて出たら四十代くらいのオバサンがすごい形相で立っていて、こちらが口を開く前に
「〇番にとめているのはあんたでしょ!
あそこはうちがずっととめていたのに勝手にとめるな!」

と怒鳴りつけられた。
てっきり自分が間違えてとめてしまったのかと思って、平謝りしながら急いで車を動かした。
「二度と勝手にとめるなよ!」
とすごい剣幕で怒られたものの、駐車場の番号は間違えてなかった。
(番号を間違えて覚えてたのかな?)
と思って一度車を空いていたところに置いて部屋に戻って契約書を確認したが、間違えていなかった。

念のため管理会社に連絡して相談がてら聞いてみたら、
そこは間違いなく私が借りているスペースで、間違えているのは向こうの方だとわかった。
とりあえず、向こうの勘違いだから管理会社の方からとめてある車の持ち主に話してくれることになった。
この時点では私も管理会社の人も単純に “同じアパートに住んでいる人の勘違い” だと思っていた。

しかし、私が開けたスペースにとまっていたファミリー向けのワゴン車のナンバーは管理会社に登録されておらず、
「連絡のしようがないから警察に相談してくれ」
と言われた。
正直あのオバサンに関わりたくなかったし、警察に相談するのは気が引けたんだけど、実際車をどかしてもらわないと私が困るわけで、迷いに迷った末に近くの警察署に電話した。
数時間後に折り返し電話があって、
「車の持ち主に注意をしたからすぐに動かすはずだが、もし動かさなかったり何かあった時はすぐに相談してほしい」
と言ってくれた。




お礼を言って電話を切った日の夜に、また鬼チャイムが鳴った。

589: 名無しさん@おーぷん 2019/01/09(水)03:46:59 ID:sDU
怖かったから今度は出ずに、玄関のレンズ越しに見たらあのオバサンが立っていた。
(絶対逆ギレだ)
と思って出ずにいたら、今度はドアをがんがん叩きはじめた。
何か喚いているのも聞こえた(引っ越しオバサン系の怒鳴り方)。
恐怖で半泣きになりながら警察に通報した。

すぐに警察が対応してくれたけど、怖くて実家に電話した。
あのオバサンが近くに住んでいるのはわかっていたし。
親元から離れて一週間くらいしか経っていなかったし、一人暮らしをはじめてすぐにこんな電話をして泣きついた自分が情けなかった。
元々遠方に出ることを両親は反対していたから、
「すぐに実家に戻ってこい」
と言われ、でもその仕事に就きたくて親の反対を押し切っての就職だったから辞めて帰るのはどうしても嫌で、
「引っ越し代を貸してほしい」
と頼み、母が引っ越し先を確保するために翌日の飛行機で来てくれることになった。
会社の上司に事情を説明して仕事を休ませてもらったものの、その日は怖くて眠れなかった。
地方で一時避難できるような夜遅くにやっているお店やビジホの類がなかったし、何よりあのオバサンが夜道で待ち構えていたらと思うと怖くて玄関を開けて外に出ることができなかった。

翌日、母を迎えに空港まで車で行った。
母と合流して片側一車線の斜面が崖になっているグネグネした道を走っていたら、
突然後ろを走っていた大型トラックに煽られた。
その大型は少し前から後ろを走っていたけど、二車線のところや直線では普通の車間距離で走っていたのに、カーブが続く坂道になったとたんに煽りはじめた。
脇にとめて追い越してもらうこともできずにしばらくその状態が続き、
住宅地近くの踏切の前で一時停止をしたら追突された。

元々私がのろのろ走っていたこともあって、私たちに怪我はなかったけど大型トラックはそのまま逃げた。
ドライブレコーダーから足がついて捕まったけど、
大型トラックの運転手はあのオバサンの旦那だった。
普段走らない場所を走っていたし、昨日の今日で偶然だとは思えなかった。

夫婦は元々
「(私)が気に食わなかった」
んだそう。
「(私」が駐車しはじめたからそれまでとめていた場所にとめられなくなっただけでも腹が立つのに、ガキのくせにカーナビのついた車に乗ってる!
どうせ車も親に買ってもらったんだろう!すねかじりのクセに!」

って理由。
(当時は今ほどカーナビやドライブレコーダーが普及していなかった。元々の持ち主だった父が仕事柄毎日高速を走っていたから用心のためにのせていただけ。)

「(二度も警察に相談したことを逆恨みして)ちょっとした腹いせのつもりで事故を起こす気はなく、煽られている時にとまるとは思わず追突した。
悪気はなかったから示談にしてくれ」

というのが夫婦の主張。
どこに悪意がないのかわからなかった。
遮断機は下りていなかったけど、カンカン鳴りはじめたところだったし。

示談にはせず、前日のオバサンの件とあわせて被害届を出した。
事故を起こした後に逃げたこともあって、旦那には実刑がついた。
オバサンには実刑はつかなかったけど、民事でも訴えたから結構な金額をいただくことになった。

最近、新聞にオバサンと同姓同名の人が事件を起こして逮捕されたって書いてあったから思い出して書き込み。
ありふれた名前だから別人かもしれないけど。



悪意とこだわりの演出術