7: 名無しさん@おーぷん 2019/01/01(火)19:19:44 ID:MxH
高2の時の1こ上に転校してきた奴が糞だった。
よその学校を退学になりかけて、退学から逃れるための転校だった。
自分の通ってた高校は当時初めて甲子園を狙えるって感じで、そいつの親が野球部に寄付することでねじ込んだらしい。

そいつには自分も亡くなった祖父に買ってもらった腕時計壊されたり、意味もなく小突かれたりしてた。
教師にも何度も報告したけど、野球部の後援会にそいつの親がいるんでなあなあにされた。
親友もなぜかそいつに殴られたりと、ひどい目にあってた。
最終的に、野球部が準決勝で負けて甲子園は行けなかった。
その時に大きい問題起こしてそれからはおとなしくなった。

それから20年以上たって、自分の職場で新工場を立ち上げる話が出て赴任することになった。
そしたら、その街でそいつ(クソ)にばったり会った。
自分は一人だったんだけどクソは嫁と子供連れで、クソのほうから寄ってきた。
へらへら笑いながら今何してるのか聞いてきたから、
「新工場の立ち上げでこっちに引っ越してきた」
って話したら、クソが
「俺はそこの先で居酒屋やってる、お前の工場の忘年会も新年会もうちでやれ」
とか言い出した。
挙句
「これは俺の命令だから決定」
と、高校時代に散々聞いて嫌な思いしたセリフ言いやがった。
なので
「なんで俺がお前の店に行くんだよ。
お前子供連れて俺に偉そうなこと言える立場か」

みたいに返したら、ふてくされて家族と車で逃げた。

8: 名無しさん@おーぷん 2019/01/01(火)19:21:07 ID:MxH
その時はそれで終わったんだけど、自分の通勤ルートにクソの店舗兼自宅があった。
それはたまたまなんだが、俺が通勤する時間が子供の登校時間に被るし、しかも子供の見送りにクソも出てくる。
何度か俺に気付いたみたいで睨みつけてくるようになった。

それから1月ぐらいたったころ、現地で採用した社員が2人辞めたんで、「補充で1人入れるか」って話が出た。
ちょっと面白いかもと思って、親友に声をかけてみた。
クソの話もして、親友もブラック勤めだし独り者だし同業だしで、2週間でうちに入社した。
親友は自分のアパートのそばに引っ越してきて、自分の通勤時間と合わせて通勤しだした。




しばらくしたらクソが親友までいるのに気付いたみたいで、うちの工場の前で絡まれた。
「なんであいつまでいるんだ」
と言われたんで、
「同業だし俺が誘った」
と言い返した。

それからさらに3か月ぐらいで、今度はホームセンターでクソに絡まれた。
鬱陶しかったけど、周りに変な目で見られてるっぽいんで店を出て喫煙所で話を聞いた。
クソの話だと、
「後輩(柔道部でクソにいじめられてた)が最近出没してるのはお前のせいか」
と聞かれた。
本当に俺は何も知らないんで、
「変な因縁つけられても知らん」
と言い返した。

さらに2か月後、クソが離婚した。
クソの嫁は子供を連れて実家に帰った。
今度はうちの工場に出向いてきて、
「(俺)と話がしたいので取り次いでほしい」
と言ってきたんで、仕事終わりでクソと会った。
クソはだいぶやつれてて精神的に参ってるみたいで、威嚇的な話し方もせず何があったのか語りだした。

9: 名無しさん@おーぷん 2019/01/01(火)19:21:24 ID:MxH
クソは後輩が時々家の前を通りだしたんで、
「子供に復讐される」
って思ったみたいで嫁に高校時代の話をしたらしい。

後輩はクソに寝技練習中に落とされて、ポラロイドで全裸写真撮られて、それを一枚5千円+で売り付けたりしていた。
後輩は金持ちの子だったけど、高校生の小遣いじゃ払いきれなくなると、クソは後輩のクラスの女子に見せるって言ってその写真をばらまいた。
これはさすがに問題になり、クソは停学になった。

それを聞いたクソの嫁から
「子供に何かあったら取り返しがつかないから離婚して」
と言われてそれに従ったから、
「もし許せないなら(クソ)自身に復讐してほしいと後輩に伝えてくれ」
って言われた。
そう言われても俺は後輩と付き合いがないし、
「もし見かけたらその話はする」
としか言えなかった。

その後で親友とうちで飲みながらその話をしたら、
『もう一人増えたら怖がるだろ』って(俺)に誘われたんで、俺も一人増やしてみようと思ってわざわざ後輩にコンタクトしてクソの話(通学時間の話やら店の場所とか)を教えた」
んだと。

今、クソは相当厳しい生活してる。
クソの店は旬の山菜とか煮込みが評判だったんだけど、それらは嫁の実家から貰ったものだし、煮込み料理も嫁が作ってたんだと。
前は日・月連休で休んでた店が月曜だけになり、日曜日はカウンターのみ営業とかやってる。
嫁がいない分バイトも増やしたんで、店舗兼住宅のローンが厳しいみたいだ。

それでも俺は行ってやらない。
後輩君は親の遺産で働く必要がないくらい金持ちだし、暇だなと思ったらわざわざ1時間かけて嫌がらせに来てた。
今年は元旦からカウンターのみ営業って張り紙してて、それを見て過去に復讐されたんだなとしみじみ思った。



カウンターの男 (リンクスロマンス)