825. 名無しさん 2018年12月23日 18:40 ID:W1xQZkqm0
昔、学校からの帰り道襲われたことがある。

襲われた時は分からなかったけど、犯人は近所のお兄さん。
私が部活で帰りが遅く、家から少し離れたボロボロの廃工場のある道を通るって知ってたらしい。
満月の月明かりで陰が濃くて、潜んでるのもわからなかった。
口をふさがれて廃工場に引きずりこまれて、
「静かにしろ」
って凄まれて竦んだ。

でものしかかられた時、
ゴッ
って音がして、お兄さんは
「オゴゴゴ」
ってうなりながら転がっていた。




見たらマリ◯みたいなおじさんがいて、お兄さんは棒みたいな物で後ろから頭を殴られたらしかった。

おじさんに
「大丈夫~?」
って聞かれて、カクカクうなずきながら
「ありがとうございます」
ってお礼を言ったら、
「お礼なんかいいよ~僕も同類だから~」
って言われて背筋が凍った。
おじさんは慌てて
「あ、大丈夫大丈夫、男専門だから~」
って転がってるお兄さんをガムテで縛り始めた。

「見てく?」
って言われてブンブン首を横にふると、
「残念~帰っていいけど通報しないでね?」
って言われた。
急いで帰ったら砂とホコリだらけの制服で家族に心配されたけど、ころんだと言って誤魔化した。

826. 名無しさん 2018年12月23日 18:40 ID:W1xQZkqm0
それからお兄さんは引きこもった。
お兄さんはもともと浪人してて予備校以外あまり外に出てなかったんだけど、完全にヒキニート化して何年も経つ。

おじさんについてはそれまでもその後も、噂すら聞かなかった。
なんであんなところにピンポイントで居たのかも不明。

私が逃げる時に
「助けて」
って言ったお兄さんの眼が忘れられなかったけど(思わず振り返っちゃった)、その時見た月明かりに浮かぶおじさんの表情がなんとも言えず怖くて、とっくに廃工場が平地になってしまってからも結局ずっと誰にもこのことを話さなかった。
私が家を出た後、両親が結婚した姉と同居することになって実家を処分したから、もうそこに近づくこともなくなったので厄落としに書き込み。

827. 名無しさん 2018年12月23日 18:46 ID:W1xQZkqm0
あんま復讐じゃないですね。
一応、すぐ通報すれば襲われてるお兄さんのお尻も大丈夫だったのかもしれないけど、単におじさんが怖くて通報しませんでした。
お兄さんは翌朝自宅前に転がってたのを家族に発見されたそうです。

ヒキニート化してから、
(考えてみれば通報してやるギリとか無かったし、いい気味だ)
と思ったのでこちらに書き込まさせていただきました。



魂心Tシャツ 僕は助けない。君が勝手に助かるだけさ(XLサイズTシャツ黒x文字白)