890: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)14:08:32 ID:5Yk
悪戯程度のダブル復讐なんだけど。

近所のシンママが妻子持ちと不倫していた。
で、別にそれだけなら、子供はうちの子と学年も違うしどうでもいいことだったんだけど、
子供会の行事の際にうちの旦那にアプローチしてきてね。

子供会繋がりで旦那がPCのメアドを教えたら、シンママから旦那に相談女丸出しの『お食事ご一緒してください』メールが。
旦那は2~3相談に乗っておかしいと気づき、
「助けて嫁子」
と私に泣きついて発覚。

シンママの不倫相手の嫁に、
「お宅の旦那が不倫してます」
と匿名で垂れ込んでやった。




実は不倫相手の嫁は、私を虐めていた同級生女。
私はもういじめっことは疎遠だけど、同級生繋がりで今年の春に挙式した事と旦那の顔は、SNSや写真などで知っていた。
(新婚早々に浮気されていじめっこザマァ)
って心の中でネクラに笑って放置していたよ。

垂れ込みしてすぐ、
いじめっこ同級生女が仲間を引き連れて夜中にシンママ宅に乗り込んで警察沙汰に。
救急車も来て、顔面血まみれで「ヒッ!ヒッ!」ってしゃくりあげながら泣くシンママ子が運ばれていったと聞いたときは胸が痛んだ。
同級生女は逮捕されたので、やったのは彼女だと思われる。

その後、シンママ子のお父さん(シンママの元旦那)が、お詫びと引っ越しの挨拶(父親が子供を引き取るから転校する)に来た。
事件後、町内会中に不倫が知れ渡ったシンママは町からいなくなっていたが、元旦那と協議し親権を渡して逃げた模様。

不倫男は同級生女の親族から大糾弾を受け、こちらも社会的地位を失い離婚。
同級生女は被害者という形だけれど、罪のないシンママ子を病院送りになるまで殴ったという事であまり同情はされていなくて、やっぱり心の中でネクラに
(ザマァ)
って思ってる。

事件後、旦那は
「女の人ってこわいお(意訳)、奥さんが嫁子ちゃんで良かったお」
って繰り返してたけど、
(仕掛人は私なんだよな)
と微妙な気分。


891: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)15:24:10 ID:x3J
>>890
子供だけが可愛そうだわな
PTSDにもなってるだろうし


893: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)20:50:15 ID:5Yk
>>891
うん…後出しになるけど、実はそれだけが引っ掛かってて心からスカッとできないでいる。
シンママも同級生女もザマァって思っているけどね。

自分の家庭を守るという大義名分があったけど、あの子が被害にあったのは確実に私の垂れ込みのせいだという罪悪感もある。
ただ、母親と引き裂かれてしまった件に関しては、以前から虐待の疑い(不倫とは全くの別件)もあったみたいなので、
(父親に引き取られて良かったんだ)
と都合よく思うことにしてる。


894: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)21:41:51 ID:3fB
>>893
とりあえずはGJ!
被害にあった子は心の傷が癒えますように、としか。
しかしイジメ加害者と不倫してる人には必ず因果応報があるんだな、と納得。

895: 名無しさん@おーぷん 2018/11/24(土)22:41:22 ID:x3J
>>893
向こうの旦那さんにチクろうにも連絡先知らんしね

不倫女に制裁するのはザマァだけど、まさか子供を血だらけになるまで殴るとは思わんもん



Two Birds One Stone: A Jill Scoville Novel of Suspense Volume 1 (Jill Scoville Novels of Suspense) (English Edition)