717: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)02:08:33 ID:2EL
3年くらい前、夫に殴られたことがある。

夫が、出産して一ヶ月も経たない私に内緒で、大金(というか我が家の貯金ほぼ全額700万くらい)を夫親戚に貸してしまった。
しかも、それを夫から打ち明けられたんだけど、それと同時に
「(その夫親戚)が失踪した」
と聞かされた。
ちなみにその700万の内訳は私が400万、夫300万。
夫親戚は夫の養父母みたいな間柄の人で、
「恩もあるし、『すぐ返す』と言われたから貸してしまった」
らしい。

元の計画としては、私は子供をしばらくは自分で見たかったので、3年くらいは夫の収入で足りない部分は貯金で補いつつ専業、子供の幼稚園に合わせてパートなどするつもりだった。
でも貯金が全額消えたとなっては、夫の収入だけではちょっと足りないし貯金なんて到底無理。
会社はブラック気味なところで育休取れなかったので既に退職してたから、
(仕事今から探さなきゃ、乳児抱えて仕事見つかるかな、何でこんなに小さくて可愛い子を置いて行かなくちゃいけないんだろう)
って思ったら、辛くて悲しくて子供と一緒にいたくて、泣けて泣けてしょうがなかった。
泣きながら
「こんな親で子供に申し訳ない、子供が可哀想だ」
って繰り返した。

そしたら夫に顔面を拳で思いっきり殴られた。

視界に星が飛んで、その後激痛。
床にぼたぼた血が落ちた。
「子供を保育園に預けることの何が悪い!
赤ん坊預けて働いてる母親なんて山ほどいるだろうが!
そんなに働きたくないのか!」

と怒鳴られた。

別に私は『保育園に預けることが悪い』なんて一言も言っていない。
ただ私が子供を見たいだけ。
仕事も好きだし実際独身時代は仕事命みたいな感じだったけど、それよりも子供との時間を優先したいだけ。
でも夫からまた拳を振り下ろされるだろうと思ったら何も言えなかった。

鏡を見たら目の周りが真っ黒になってパンパンに腫れていて、上唇も腫れて大きく切れていた
夫からはその後、土下座され
「こちらも親戚のことで気が動転していた、自分も悪気があったわけではないのに責められてついカッとなってしまった」
と言われた。

(離婚しよう)
と思ったけれども貯金全額盗まれてるし、その後の夫は全く暴力も暴言もなく良い夫・良い父だったので様子見して、3年経った。




そしてさっき。
「(夫友人夫婦)が喧嘩ばかりだ」
という話を夫がしたので、私が
「うちは喧嘩しないよね」
と言ったら(実際喧嘩らしい喧嘩はしたことがない)、夫が
「喧嘩しないね。
あっ、一回だけあるじゃん。
嫁ちゃんが顔面パンダになったとき。
あの顔凄かったよね~」
と、笑われた。

うちが喧嘩にならないのは、
(またあのときみたいに殴られるんじゃないか)
って思って、私が踏み込んだことを全く言えなくなったからだよ。

結局子供を生後一年もしないうちに保育園に預けて、登園のたびに縋り付いて泣く子供を無理矢理引き剥がして仕事に行くのがどれだけ悲しかったか。
私は一生忘れないけど夫には笑うようなことなんだ。

時間薬でしばらく忘れてた夫への憎しみがまたすごい勢いで吹き上がってきてて眠れない。


718: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)02:27:12 ID:sdW
>>717 
何他人事みたいに笑ってんだよ!喧嘩じゃなくDVじゃん
その400万ってあなたの婚前の?使い込みじゃん。
ぶち切れなくてえらかったね…でもまた暴力されたらって怖いよね
どうせ寝れないなら今から持ち出しリストのものを詰めて車に乗せていつでも出ていけるんだって心を落ち着かせては?しばらく実家帰れない?
あれは喧嘩じゃない暴力だって認識はさせたいよ


719: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)03:47:22 ID:cFj
ID変わったかも。

>>718
300万弱は婚前、残りは結婚してからですね。

離婚したかったけれど夫は「絶対に離婚しない」と言うしお金も盗られたし子供も乳飲み子だしで諦めたとき、
(いつか夫が一番困るタイミングでゴミのように捨ててやろう)
と決めました。
(そのために経済的に自立しよう)
と思って今は正社員です。

ただ、夫はあれから心を入れ替えたように必死に働いて収入も倍近くになり、何なら今は私が今すぐ仕事を辞めて専業になっても余裕なくらい稼いでいますし、全額私に管理を任せてくれます。
そこそこお金をかけていた趣味もきっぱりやめて子供用に貯めています。
夫も私もフルタイムですが、夫が率先して家事をやってくれますし、土日は子供と沢山遊んでくれるので子供は夫が大好きです。
明日というか今日から二日間は近場に旅行にも出掛ける予定です。
だから正直なところ、
(あの一回の殴打は夫もあんなに後悔していたし、たったの一回のことなんだ、もう忘れて、なかったことにしてこのまま暮らしていくべきなのか)
なんて思っていました。

でもあいつは反省なんかしていなかった。
殴られるのが怖くて口を噤んでいただけなのに、あいつは私が何の不満も持っていないと思っていたんだ。
子供が保育園に行きたくなくて登園前に吐くほど泣いたり、ストレスで爪を噛んで出血したりしていて、私が死にたくなるほど悩んだことも何とも思っていないんだ。

でも今離婚しても私にも子供にもデメリットしかないし、夫もギリギリ再婚できるような年齢です。
子供が独立して、夫も誰からも見向きされなくなるような年になって、夫が楽しみにしている定年後ののんびりした夫婦二人きりの暮らしや、全国温泉巡り、海外の名所巡りとか、夫が常々言っているそんなことを計画する頃になったら棄ててやろう。
情けをかけようとした私が馬鹿でした。
絶対に許さない。
幸せに死ねると思うな。



セトクラフト Motif. DESK TOP CALENDAR デスクトップカレンダー パンダ SR-1124-160 931629