520: 名無しさん@おーぷん 2018/09/25(火)00:22:07 ID:Q22
めちゃくちゃマイナーなバンドが好きなんだけど、そのバンドはロック好きの中でもかなり知名度が低くて、バンド自体ド直球を通り越した下ネタとかすんげえうるさいデスボギャンギャンとかで、仮に知ってたとしても引かれる可能性があるようなやつ。
だから誰にも好きだということを話したことが無かったけど、職場で隣に座ってる同僚男がそのバンドの曲をハミングしたもんだから、
「?!えっ、ふふっw」
って笑っちゃって、そこからは早かった。
一瞬で意気投合して、職業柄土日祝が暇になるんだけど暇な時はいつもそのバンドの話してた。
フェイク入ってるけどこんな経緯で同僚と仲良くなった。




そしたらたまにこっちの部署に来る別部署のA子が、何を勘違いしたのか私のことを『男の人の好きそうなバンド(←?)をゴリ押しして媚び売ってるビ×チ!』って思ったらしく、
あろうことか同僚に直接
「あんなの趣味悪いよ同僚くんには合わないよかカッコ悪いよA子オススメのこの音楽とかどう?」
って言ったらしい。
同僚は有給をそのバンドの出てるライブ(マイナーなロックバンド全般好きらしい)で消化するぐらいだったから、まあその後はお察し。
同僚が好きだからやったことなんだって言い訳してたらしいけど同僚の耳に入ってますよっと。

全部“らしい”なのは又聞きだから。
いつも終業後に共有スペース陣取って駄弁ってたり「カラオケ行く人!はーい!!」って声かけたりしてたのに最近真っ先に帰ってるから多少溜飲は下がったけど、A子の神経がスレタイ過ぎる。

余談だけど、同僚とは二人きりで食事カラオケ映画テーマパーク等色々遊びに行ったけどお互いに「絶対に恋人ってのはない」「超気の合う男(女)友達」って確認し合ってるし、何なら最近は同僚の恋愛相談に毎日付き合わされてるから、私は
「A子が狙うならお好きにどうぞ」
って感じ。
同僚は
「理由は何であれ人の趣味を貶すのは最低」
ってきっぱり言ってたから無理だろうけど。


ゴリゴリアワー
ゴリゴリアワー