525: 名無しさん@おーぷん 2018/09/25(火)12:36:44 ID:kPq
子供の頃、私は標準体型だったけど、水泳とソフトボールをしてたから筋肉質で、他の女の子より腕も足も太かった。
だから周りからチビ(今も143センチ)でデブでブスだとバカにされて生きてきた。
一通りのいじめも受けたし、教科書も捨てられたので何科目か買い直した。

しかし案外ポジティブだった私は、親から
「デブでチビでブス、そのうえアホだったら救いようが無いから、お勉強は頑張りなさい」
とアドバイスされ、偶然母に連れて行かれたとある大学の学祭でみた研究発表に心を奪われ、
(デブもチビもブスも努力でどうにもならなかったけど、でもこの大学に入るのは努力でなんとかなるかも!)
と、小4の頃から勉強の鬼と化した。
行きたい大学が国立の理系だったので、理系科目は1人で黙々と勉強したし、数学とか化学はパズルを解くようで面白かった。




だけどガリ勉と化した私へのいじめは激化した。
小6の頃には、母が作ってくれた体操服入れ・お道具箱入れ・上靴入れ・給食袋入れ、全部に落書きされたり切り裂かれたりした。
そのときは流石に私もブチ切れて教室で暴れまわった。
中立保って見てみぬふりをしてた子も、私の暴れっぷりにビビり、犯人を担任にチクった。
事なかれ主義で見てみぬふりをしていた担任も、他の教師が見に来て羽交い締めにして止めなきゃならないほど私が暴れたのでもみ消せず。
私は学校からこっぴどく叱られたけど、いじめっ子も全員が我が家まできて、母と私に頭を下げて謝らされてた。

それからは “キレるとやばい奴” の称号を得て、基本は無視され、すれ違いざまに「ブス」と言われるような日々が中学卒業まで続いた。
その後、高校大学は順調に第一志望に受かり、就職して結婚して今普通に幸せ。


去年あたりから祖父の体が弱ったため、介護申請やらなんやらで頻繁に市役所に通っていた。
夫も丁度転職しようとしてて、一ヶ月間無職の期間ができ、国民健康保険への切り替えや年金の手続きで一緒に役所に行くこともあった。
そこで小・中と私を虐めてた1人に遭遇した。
しつこくずっと私のことを「ブスだ」「デブだ」と言ってきた子だった。

市役所には食堂があって、そこで先に席について夫の注文と会計を待っていたらいじめっ子が話しかけてきた。
私は相手の存在が記憶の彼方だったので出身校を聞いてもピンとこず、対応してしまったらなぜか当たり前に夫のために確保した席に座られた。
5分ほど話しているうちに記憶の糸を手繰り寄せて、そいつが私に何をしたか思い出した。
相手の話では、いじめっ子は
『とても順風満帆で素晴らしい人生を送っている』
らしい。
で、当然惨めな人生を送っているだろう私をあざ笑いに来たようだ。

10分ほど話を聞いていたら、やっとお会計を終えた夫が戻ってきた。
「昼時だから混み合ってたよ。席取りサンキュ。お友達?」
私は満面の笑みで振り返り、
「注文ありがとう。
紹介するわね、夫の○○さん。私と同業者で(職業)なのよ。
ごめんなさいね、そこ夫のためにとっていた席だからあけてくださる?」

といじめっ子に伝えた。
いじめっ子は夫と私の顔を数回往復させたあと、なんとも言えない表情をしていた。

相手の去り際に
「あなたが毎日罵るくらいブスでデブな私が幸せなんだもの、ブスでもデブでもないあなたは、もっと幸せでしょ?」
と声をかけたけど返事はなく、周りを蹴散らせかねない早歩きでその場を去っていった。

前に中学の友達に
「A子覚えてる?
あいつ不倫して相手の奥さんから追い詰められてるんだってw
弁護士探してるからってA子の親から私に声かかったw(この人の旦那さんは弁護士)」

と以前聞いたことがあったけど、市役所で会ったいじめっ子がそのA子だったと会話の中でやっと思い出せた。
一体どんな気持ちで私に幸せな生活を語ってたのかな?
話聞いてる最中、人の黒歴史見せつけられるようで私がいたたまれなかったよ。



Mountain Reverse (Patrik Berg Remix)