738: 名無しさん@おーぷん 2018/09/15(土)10:48:31 ID:Xr6
もう十何年も昔に、某政令都市の市役所勤めしてたんだよね。
配属された部署のお局に、市会議員の姪でクソBBAがいたんだよ。
何かにつけて伯父の市会議員の名前をちらつかせて気に入らない上司や同僚を萎縮させるし、窓口にくる市民すらたまに脅してた。

そんなお局に対して、若い私はつい道理に合わない要求を突っぱねて揉めたことがあった。




その際にお局は
「私が議員の姪ってわかって言ってるのよね!?」
って言ってきたんだよね。
だから
「あら奇遇ですねー!私の大叔父も議員なんですよ!」
って笑顔で言い返してみた。
そしたらお局はぎょっと目を剥いてトーンダウンして撤退。
以降は私と揉めることを避けるようになった。

たぶんご年配の地元国会議員と私が同姓だったから、その人が私の大叔父だと思ったんだろう。
でも国会議員は同姓ってだけで私の大叔父じゃなかったんだよね。
本当の大叔父は隣県で県会議員をやってたから、議員の大叔父がいること自体は嘘じゃないけどな。

お局の勘違いのおかげで結婚して役所を退職するまで絡まれず快適に過ごせたから、議員の大叔父には感謝してる。



奇遇 (復黑版) ~ 潘秀瓊