745: 名無しさん@おーぷん 2018/09/01(土)09:30:00 ID:uHe
因果応報っていうか、吐いた唾が自分に返ってきただけの話なんだけど。

職場にいる同僚のAは、常日頃から女性軽視の傾向のあるアイタタな人だった。
Aは自分と遜色ない仕事をしていても女性というだけで格下認定するらしく、お茶汲みだとかコピーなどの雑用を頼もうとしてくる。
もちろん女性社員らはこれを拒否。
「自分のことは自分でやれ」
と突っぱねた。
上司でもない職位が同等の人間にかしずく訳がない。
断られる度にAはプツプツと
「生意気」「ヒラの癖に(※自分もヒラ)
と呟いていた。




そんなAがどこで覚えてきたのか、"ま~ん"もしくは"まんさん"という表現を多用するようになってきた。
女叩きスレにでも感化されたのかもしれない。
以前の比ではないほど、日を追うごとに、女性に対する言動が悪化していった。
「不快」
だと伝えても、
「冗談」
だの
「スキンシップ」
だのとのらくら誤魔化してニヤニヤ。
効いてる効いてるwとでも思っていたのかもしれない。

辟易した女性社員達は結束してある手段を取ることにした。
Aの名前のある字を音読みすると"チン"になることから、みんなはAのことを"チンさん"と呼ぶようになった。
まぁ、"まんさん"の意味をネットで調べた時に"ちんさん"という対義語を知って、Aの名前にこじつけただけなんだけど。
自分達がこれだけ不快な思いをするくらいだから、シンプルにやり返すのが一番効果的だと思って。

結論を先に言うと、効果は抜群だった。
初日でAは怒り狂った。
上司に訴えて
「セクハラだ」
と騒ぎ、女性社員にやめさせるように直談判した。
でも、ネットに疎い上司がネットスラングを知る筈もなく、事情を聞かれた女性社員に
「ヤダーニックネームですよー」
とあっさり言いくるめられてしまった。
「たかだかあだ名の一つや二つでガタガタ言うな」
「名前をもじっただけじゃないか」
「それより仕事しろ」
と、日和見発言。
散々これまで女性社員達総出で訴えても動かなかった上司が、たった1人の発言に心を入れ替える訳がない。

今ではAはすっかり大人しくなって、女性社員に卑猥なスラングを浴びせることはなくなった。
言動の改善に伴い、女性社員らもまたニックネーム()を使わなくなった。
収まるところに収まって、個人的にはハッピーエンドだと思う。



バカ上司の取扱説明書 (SB新書)