746. 名無しさん 2018年08月06日 12:05 ID:.R8yzvVr0
高校の時、何かと私に突っかかってくる女がいた。
私もそいつが嫌いだったから、余計ムカついてた。

ある時、クラスメイトのひとりが
「お前らなんか似てるよな」
って言った。
女はそう言ったクラスメイトにガチギレしてた。
それ以来、女は私に嫌がらせじみたこともするようになった。

私は「似てる」って言われた時、
(ああこれ同族嫌悪なんだ)
って思った。
なので私の方は女を避けるようにした。

んだけど、女は私が負けて逃げてると思ったのか、嫌がらせがエスカレートした。
私は家に大事なものを置いておけなかったんだが、その大事なものを捨てられた。
探し回ったが見つけた時は焼却炉の中で黒々と溶けてしまってた。
それ以来、怒りよりも何か、女に期待をしないというか、どうでもいい存在というか、よく分からないが
「(女)がどうなっても構わない、死んでも『あっそ』って言うだろうな」
って感覚になった。

747. 名無しさん 2018年08月06日 12:06 ID:.R8yzvVr0
卒業前、ふと思いついてクラスで兄の自慢をしてみた。
女はそれに引っかかって他のクラスメイト巻き込んで外堀を埋め、地元大学に通ってた兄を紹介させられた。
それから女は兄と付き合うようになった。
最初は兄自慢をしてた私へのあてつけのつもりだったのだろう。
兄がたいしたことなかったらフッて、私にそれを言うつもりだったのかも知れない。

だが兄は顔も頭もよくてスラッとした体付きだったので、結局女の方がホレたようだ。
女は兄と別大学だったけど地元大学に通ってて、付き合いは続いた。
私は隣県の大学だったので家を出た。

しばらくすると女から
「会いたい」
と連絡が来るようになったけど、私は無視した。
連休で帰省したとき、
オドオドキョドキョドするようになった女に会った。
人格障害としか思えないような兄によって、女はずいぶん教育されてしまったみたいだった。




748. 名無しさん 2018年08月06日 12:08 ID:.R8yzvVr0
兄は外面はいいが、内面は身内の私をターゲットにして自分の嗜虐趣味を満たすような奴だった。
暴力もあったけど、他にも嫌がらせや精神的にくるようなこともあった。
私が大事なものを家の置けなかったのも兄が原因。
大切であればあるほど、捨てられたり壊されたり晒されたりした。

私は中学の時に隣県の伯父が助けてくれて、それ以来兄がなにかしてきたら伯父にヘルプを求めることで逃げることができた。
両親は昔は長男教で兄を愛玩してたけど(私も可愛がられはした)、成長後は兄を恐れてた。
伯父も兄に対抗はしてたものの、遠距離で兄自身をどうにかすることは出来ず、私に
「さっさと家を出なさい」
とアドバイスしてくれてた。

逃げる時にスケープゴートのつもりで女を置いてったのは、ただの気まぐれだった。
(私になんとなくだけど雰囲気とか性格が似てるから兄も気に入るかな)
と思ったんだ。
女が居なくても兄は別に私に固執はしなかっただろうとは思うが。

749. 名無しさん 2018年08月06日 12:10 ID:.R8yzvVr0
会った時、女は私に
「(兄)にひどい目に遭わされてる」
と訴え、
「助けてくれ」
と言ってきた。
兄妹という枷がなくなったからか親の目がなくなったからか、兄の行為は犯罪レベルになってた。
それでも私が兄サイドと女が思わなかったのは、やはり同族意識があったのだろうか。

「逃げればいい」
と言ったけど、女は
「怖い逃げられない」
とデモデモしてた。
なので兄の居ない時に、兄がよく来るという女の部屋(一人暮らし)に仕掛けをした。
女は部屋から追い出して、
「わからないようにカメラを仕掛けた」
と言ってみた。
兄にバラされて見つかったらマズイから、本当は見つかりづらい盗聴器だったけど。

こっそり盗聴したけど、女が兄に何か告げ口してる感じはしなかった。
女が私を裏切れば私もさっさと帰れたのに、面倒くさいつまらん。
でも女が兄にボロクソにされてる様は聞けた。
ざまあよりもいろいろ思い出して気分が悪くなった。
兄は私の時よりもずいぶんとひどいことをしてたが、それが本当に私にしたかったことなか、それとも私じゃないからそうしたのか、単にエスカレートしただけなのか分からなかった。

750. 名無しさん 2018年08月06日 12:12 ID:.R8yzvVr0
もう一回、バレてる形跡が無いことを確かめてから、今度は本当にカメラも仕掛けた。
一度隣県に戻り、次の休みにまた女の部屋に行って撮ったものを回収した。
女を連れて女の親の家に行き、証拠と女の証言(録音済み)を見せ聞かせ、女を保護させた。

詳しくは知らないというかなるべく関わりを避けてたのだが、女の親は兄を訴えたと聞いた。
(いざとなったら私も証言とかしなきゃいけないのかな、嫌だな)
と思ってたがそうはならず、兄はすぐ白旗を挙げた。

女も兄も大学を中退した。
頭の良かった兄は、人生計画が狂ったことで家で暴れたらしい。
兄にとって初めての挫折だったのかも知れない。
今は要領よくとある会社づとめをしているが、多額の賠償だか慰謝料だかで借金もあり、昔語ったような順風満帆の人生とはいっていないようだ。

女は後々にひびいたようで今もカウンセリングに通っているらしいが、一応社会復帰してた。

751. 名無しさん 2018年08月06日 12:13 ID:.R8yzvVr0
本当は、兄に復讐とかするつもりもそんな気力もなかった。
(女がボロボロになればいい)
と思ってたけど、私にどこか似てる女がボロボロになってるのを見て、むしろダメージを受けてしまった。
そんな気はないけど、仮に同情をしたのなら自分を投影させてそれに同情したんだろうか。
二人の人生を大きく変えてしまったが、別に反省はしていない。

もう兄とも両親とも関わりを断ってるので、彼らのことも女のことも忘れることにする。



Chance for Changes