400: 名無しさん@おーぷん 2018/05/31(木)18:27:48 ID:8eC
今年の春から働き始めたんだけど、めちゃくちゃな文章を書く先輩がいた。
主語と述語が合ってないとか時系列がわからないとかそういうの。
周囲に突っ込まれると
「根っからの理系なんで苦手なんだ」
と返ってくる。

先輩は確かに高校から大学院まで理系で、現在もその領域の専門職。
ある仕事のアドバイザー的な人が必要となったので、去年、他社からの紹介で雇った人と聞いた。
俺を含めて他の社員(女性が多い)は全員文系なので
(理系ってそんなもんか)
と釈然としない感じだった。
社員の家族に理系がいても
「うーん、確かに文章は苦手かもね」
というので余計に。
俺は文系一家だし、俺自身に至っては中卒で専門学校行って公務員試験に落ちて辛うじて就職したくらいアホなので判断できなかった。




ところがGW明けに中途採用された人が来てから変わった。
中途採用の人は先輩と同い年で同じ分野の専門家で、先輩とチームを組むことになったんだけど、
「この報告書どういう意味?」
「経過がわかりにくい」
「日本語へたくそすぎない?」

とずばずば突っ込んでくれるw
「理系だから苦手」
と先輩が常套句を返そうものなら
「え?理系だからこそ報告書は得意でしょ?」
と一撃。

中途さんに聞いたら
「理系の大学はレポートや論文の作成機会がものすごく多くて、文章が下手だとやっていけない」
「論文を書くときは指導教官や先輩が添削してくれるし、日頃からたくさんの文献に触れてるんだからお手本も多い」
「そういう環境だから真面目にやれば正しい文章能力が身につく」
「時系列は研究の命だし、意味合いを誤解されないように用語も正確に使わなきゃいけない」
「文系でもそうでしょ?同じことだよ。だいたい義務教育で国語をしっかりやるんだからできないわけがない」
「周りに男性が多いから女心の機微に疎いくらいで、他は理系だから劣ってるっていう理由にはならないよ」

こういう感じに爽やかに教えてくれた。

中途さんは本当に頭がよくて要領もいいし、入社早々に書類の作り方を完全にマスターした。
「様式がわかりやすいから一度聞けば十分ですよ。親切でいい様式ですね」
って総務のおばさんに声をかけたりして、着実に女性にファンが増えてるw
俺が経費関係のシステム入力に四苦八苦してたら後ろから見て
「パターンがある」
と効率のいいやり方を教えてくれた。
本当に頭のいい人っているんだなと思ったよ。

最近の先輩は日本語の使い方を間違うと中途さんが厳しく添削するから、びくびくして書類を作るようになった。
仕事が遅れてるのが少し迷惑だけど、手直しや確認をする手間がなくなったので、結果的には変わらないしw
(なんで俺が先輩の出張旅費申請書を赤ペンしなきゃいけないんだよ!)
とイライラしてたのが減ったから嬉しい。

まあ変な書類を大量生産してくれてたから、入社早々に社内規則や法律を確認する癖がついて勉強にはなったけどw



理の守護神さま。一.黒使の少女・龍方時雨 (GA文庫)