15: 名無しさん@おーぷん 2018/04/26(木)12:21:08 ID:aU5
夫と結婚して半年くらい経った時、
「同僚連れて帰るけどいい?」
とメールがあった。

「いいよー」
と返事して待ってたら、
34~35歳くらいの女性を1人連れて帰ってきた。
一応おもてなししたんだけど、
10分くらいですぐ帰ってしまった。

あとで夫に聞いたら、
「悩み相談がある。静かなところで二人きりで話せないか」
と言われ、
(自分じゃ女性の相談に乗れないし、うちは静かだから)
と思って自宅に連れてきたんだって。




女性は事務のパートさんで、バツ2だそうだ。
家に来るまでの道中で聞かされたらしい。

でも夫は
(女の話はワカンネ)
と思い、
「落ち着いた場所(=家)でゆっくり聞くよ」
と言い聞き流していた。
だから
「何を相談したかったのかわからない」
し、
「すぐ帰るってことは大した悩みではなく、道中でしゃべるだけで気が済んだのだろう」
と夫。
私は
(せっかくオツマミ作ったのにー)
と思いつつ自分でバクバク食べて寝た。


最近、友人夫が相談女にひっかかったと知り、上記のことを思い出した。
友人夫もやっぱり結婚して半年~1年で、相手はシングルマザー。
奥さんに服や髪をチェックしてもらって垢抜けた矢先のちょっかいだったってさ。
うちの夫にそれを言ったら
「そういえばあのパートさん、取引先と問題起こしてやめたよ」
と。
どうやら異性関係の揉め事らしい。

(うちも危ないとこだったんだろうなー)
って思うと同時に、
「落ち着いた場所でゆっくり聞くよ」と言われて嫁のいる自宅に連れてこられたパートさんの心境を想像すると、なんとも言えない気分になる。



一見落着―下町弁護士のこぼれ話