4: 名無しさん@おーぷん 2018/03/06(火)19:48:18 ID:BHm
高校生のときに、好きな女子に対して暴言を吐くという小学生レベルの精神の馬鹿男Aがいた。
女子に性交の経験を聞いたり、「馬鹿だ」「ブスだ」と言いまくったり。
聞いていて馬鹿馬鹿しくなった。

ある日、Aが好きな女子にボロクソに言い返されて逆ギレ、その女子に腹パン。
Aは先生に連れていかれ、それ以降姿を見ることは無くなった。
どうやら自ら辞めたらしい。




それから10年。
俺の会社に中途で入社してきたのがAだった。
高校当時に比べて目つきが悪くなってて、身なりはしっかりしているが雰囲気的に不潔な感じがした。
Aは、高校当時は暗くて地味だった俺を覚えてないようで、馴れ馴れしく舌打ちしながら話しかけてきた。
その話の殆どが、世の中の女に対する愚痴。
つまり女叩きだった。
「高校のときに気にかけてやって告白の隙を作ってやった心遣いに気付かず、ボロクソに罵ってきた女子」
とやらの話も散々された。

ある日、Aが女性社員にセクハラをかまして大問題になった。
上司が
「君の今までの女性を蔑視する言動もあるし、人間性を疑う。
そのくせ君が嫌う女性にセクハラとは。
何がしたいんだ?」

とAを問い詰めたらしい。
それに対してAは上司に対してビクビクと震えて縮こまり、蚊の鳴くような声でボソボソと
「幼い頃に母親が他界しまして」
と話し始め、
「母親恋しい年齢のときに勝手に母親が死んだから僕はこうなりました。
母親のせいなんです。
父子家庭って歪むんです」

と主張したらしい。
上司、開いた口が塞がらないと嘆いていた。

Aは高校のときのように自ら退職していった。
女叩きってこうやって生まれる事もあるんだなと思ったのと、母親すら叩く異常性に驚いた。



母をたずねて (世界の名作)