352: 名無し 2018/02/24(土)11:04:22 ID:???
かつて働いていた職場での話。

毎年複数の同期入社が出るが、正社員と年更新の契約社員に立場が分かれてる。
基本的な業務は同じだが、「ある程度上の役職には正社員しかなれないからね~もちろん給料も違うからね~」という、どこにでもある職場。
私が契約社員として入ったとき、同じく契約社員としてA子とB男が、正社員としてC介が入った(他にもいるけど省略)。

A子はかなりの美人さんで、ぽやーっとしてて暖かい印象。
たちまち職場の注目を集めた。
B男は仕事ができ、作業も手際よく、物腰の柔らかい人だった。
私とB男は同じ業務グループで毎日顔を合わせ、A子は違うグループだったが私と同期女子として研修などで一緒に行動していた。

B男もA子に注目していたが、奥手で、
「(私)を介して連絡を取りたい」
と相談を受けた。
グループの先輩たちも応援し、みんなで一緒にドライブや花見・飲み会などをしてA子も誘った。
そのおかげで、告白まで至らないものの、B男はA子と個人的に連絡を取り合うまでになった。




C介はその年一番の学歴で入社したルーキー。
上司からの期待が厚く、威勢の良いイケメンだった。
だが仕事は正直荒く、他のグループのサポートに回ることの多い私たちのグループはC介の後始末をすることが徐々に増えてきた。
グループの先輩がC介の上司に相談しても
「育てている途中だから」
と一蹴。

更に私とC介は業務と直接関係ないことで揉め、対立してしまった。
フェイクいれて説明すると、県で保護されてる動植物を「珍しいから」とC介が採取、撮影ののち、ダメなところに廃棄、ってして、それを学生時代保護活動していた私が見てしまい、C介に注意して反感を買った、という感じ。
「契約ごときに指図されたくないわ!」
という内容の有難いお言葉を頂いた。

ある日、物置代わりの部屋で雑用をしていた私は、薄い壁で仕切られた隣にある喫煙所からC介の声を聞いた。
「めんどくさい○○とかの業務は、契約にやらせればいいじゃん!」
と他の同期か誰かとゲラゲラ笑ってサボっていた。
まあ、
(その○○って、責任伴うから正社員の仕事なんですよー)
と思いつつ、昼休みにB男に愚痴った。
するとB男からはなんと
「A子とC介が付き合っているっぽい」
と報告が。
なんでもC介は全く違うグループのA子に業務を手伝ってもらったり、遅くなったA子を車通勤しているC介が送って行ったりしてるとのこと。
「俺からは聞けない!」
とB男が言うので、さりげなーくA子に聞くと
「C介さん?イイひとだよね~。イイ車あるし~。お金持ちだし~」
とポアポアした答え。
B男には諦めるよう報告した。

しかし諦められないB男は勇気を出してA子に告白。
→玉砕。
理由として
「車ない、貯金ない、契約社員は不安定」
ということを丁寧な言葉遣いで説明されたそう。
「結局金かー!忘れろー!」
と飲み会を開く私たちのグループ。
B男の心が癒えないうちに職場内でA子とC介が婚約したと広まってきた。
A子の噂が流れるたびにどんちゃん騒ぎした記憶が。

2年くらい経ってB男はある公務員試験に合格した。
私も別会社に正社員として採用決定で、契約更新せず退職した。
実は私たちはそれぞれ希望職があって、契約制度のあるこの職場を足掛けとして利用していた。
退職後も、B男とはたまーに連絡を取っていた。

更に5年くらい後の去年だが、当時のグループメンバーと会う機会があったので、B男も呼んで飲み会を開いた。
職場の近況を聞くと…。
・私たちが退職したころ、C介が結婚のために貯めていた貯金が盗難に遭っていたこと。
・そのため延期にはなったが、C介は無事にA子と結婚はできたこと。
・C介が新築マンションを購入したら、いつのまにかA子の親が同居してきたこと。
・結婚時にA子も退職して専業主婦となり家計を任せたが、そこからA子の奨学金を返したあげく、弟だか妹に勝手に仕送りしていて貯金がたまらないこと。
などが聞けた。
B男と私は複雑に笑うしかなかったねー。
C介が可哀想になってきたけどどうしようもないからね。
私にもB男にも大切な人がもういるしね。

B男の娘ちゃんが一歳を迎えて、昨夜メロメロなメールが届いたので思い出しつつ、書き込んだよ。



君のいいところ、1つしか思いつかない。 (野いちご文庫)