240: 名無しさん@おーぷん 2018/02/24(土)13:39:21 ID:rJx
親族の間じゃ胸糞話になってるけど、自分にとっては寓話みたいな教訓に満ちた修羅場の話。

従弟が小学生の時に同級生をいじめて、被害者が自殺未遂する騒動になった。
被害者両親も従弟両親も当然激怒して、従弟をボコボコに殴り倒して親子で土下座して相応の賠償をした。
そして従弟を転校させ、家庭内でもとにかく厳しく締め付けるようになった。

それは当然だと思うけど、それから特に従弟の母親(叔母)がきつく当たるようになった。
なんでも、叔母は
「自分もいじめられっ子で学生時代かなり追い詰められてた」
とかで
「いじめが許せない」
らしく。
従弟から娯楽等を全部取り上げて菓子も一切与えず、まるで軍隊みたいに立居振舞いまで厳しく口を出し、事有る毎に自殺未遂に追い込んだ話を蒸し返して、体罰込みで生活を完全にコントロールしてた。
親戚同士で中華食べに行った時、従弟がレンゲを床に落としただけで何十分も説教したのには
(やりすぎなんじゃ)
と思ったけど、うちの家族含め親戚はみんな
「まあ仕方ないよね人殺しかけたんだし」
で見て見ぬ振りだった。




そんな生活が何年も続いて従弟が中3になったある日。
いつものように従弟が些細なことで叔母から説教されていじめのことを持ち出された時に、ぽつりと
「いつになったら許してくれるの」
と言ったらしい。
そうしたら叔母はブチ切れて
「許されるわけないでしょうあなたのような人殺しが!!!」
と絶叫した。
その瞬間、叔母は従弟から猛烈な勢いで殴り倒され、何本も骨を折られて病院送りになった。
従弟は
「何やっても許してもらえないならもういい」
って完全にキレちゃったそうな。

以来、叔母と従弟は完全に立場が逆転して典型的な荒れた家庭になった。
従弟は高校卒業して家を出ていって、それから一度も会ってない。
叔母も反撃されて以来めっきり老け込んだうえに五十代で亡くなって、家族で住んでいた家には今は叔父だけが一人で残されてる。

親戚の間では
「あれだけ厳しく躾けられても直らなかった、(従弟)は鬼だ」
って言われてるけど、俺に言わせれば
従弟を鬼にしてしまったのは叔母。
いじめで自殺未遂に追い込んだのは100%従弟が悪いし、それについての処罰は当然で、その事件がずっと後まで尾を引き続けるのも当たり前のこと。
だけど真綿で首を絞めるようにじわじわ動きを封じて矯正していくならともかく、完全に逃げ場をなくして徹底的に痛めつけた挙句に
「それでも絶対許さない」
なんて言われたら、
絶望して自殺するか爆発して徹底的に歯向うかの二択になるに決まってる。
息子にトラウマほじくり返された挙句、傷を膿ませたまま死んだ叔母は気の毒だけど、こればっかりは叔母のやり方が悪すぎた。
言っちゃ悪いが自業自得、因果が巡ったと受け入れるしかない。

親戚の集まりでこう言ったら俺も“鬼”呼ばわりされた。
以来全く呼ばれてないけど困ることはないからこれは別に修羅場でもない。



もういいかい、まだだよ【特別版】(イラスト付き) (CROSS NOVELS)