574: 名無しさん@おーぷん 2018/01/29(月)02:38:30 ID:ACs
うちは5人兄弟でいわゆる大家族ってやつなんだけど、事情があって上3人(兄・姉・姉)と下2人(私・妹)で母親が違う。
いわゆる父が再婚って奴なんだけど、周りに説明するのがめんどうだったらしくて、私が知ったのは成人してから。
ちなみに一番上と一番下が18年が離れている。

私が2歳の時、妹が生まれた。
きょうだいのうち、私と兄はいつも「さむいの?体調わるいの?」って言われるぐらい特に色が白くて、あと姉達もそこそこ白かったのに、妹は看護師さんが軽く引くぐらい色黒だった。
おじいちゃんなんて
「黒人の子だ!」
って妹にだけお菓子あげなかったり、私と兄にだけ高い菓子だったりと、露骨な意地悪しててなんか嫌な感じだった(元々母と祖父母は仲が悪かったらしい)。
そんなの無視して兄弟同士で分割して平等にしていたけどw

最初は「生まれた直後だからね~」なんて言ってたらしいけど、成長しても妹の色の黒さが変わらず。
今でもおぼえてるけど、妹だけ手の表と裏が明らかに違っていた。
髪質も他の兄弟はストレートなのに妹だけパーマがキツくて鼻も高い、二重ばかりの中で一重だけど切れ長の目で、兄弟で遊んでいても「この子はお友達?」と言われる事も増えて言った。
でも兄弟同士差別なく仲良くやってた。




妹が小学校上がる頃、おじいちゃんがどこからか親子関係を調べる方法を聞いて来たらしく、
「それをやるぞ!」
と言われた。
(お、全員調べるんだ?なにするんだろ?)
ってその時は特に深く考えず聞いてたんだけど、
「やるのは(妹)だけだ」
と言われた。
その時は兄はもう家を出て一人ぐらししてて上の姉も寮入っていたので実質3人しかいなかったけど、なんか納得いかなかった。

結論として妹は父の子だった。
おじいちゃんはものすごく不服そうだったけど、ちゃんとした書類で疑いようがないらしく。
それ以降、祖父母との行き来き付き合いがほとんどなくなったので縁切りしたようだった。

時が流れて妹が中学生になる頃には、成長で体質が変わったのか色黒が目立たなくなっていった。
UVクリームや美白乳液とか小遣い切り詰めて気を使っていたのを見てたので、皆で
「よかったねー」
なんて言ってた。

私が高校生の時に
「おじいちゃんがボケて施設に入ったので一度だけでいいので会いに来て!」
と祖母に言われて、一度だけ会いに行った事がある。
その時には私と妹のみ(兄や姉は他県で独立してた)で会ったけど、おじいちゃんは
(えっ誰?)
ってぐらい老けててずっとニコニコしてた。
私の事を兄の名前で呼ぶし、妹は見えないみたいな扱い。
故意に無視してると言うより、ふと「看護婦さん?」とか「お友達かな?」みたいな定まらない感じだった。

父が
「たしかに(兄)は中学生ぐらいまではよく女性に間違われるぐらい中性的で、よく痴漢に遭っていた」
とその場で話し出したので、私が
「そんなに似てるのー?」
と言った。
すると母が
「お父さんの血ね」
と言いながら右の耳をガリガリ掻き始めた。
このしぐさ、母が嘘つく時にやる仕草なんだよ。

なんか嫌な予感して父に相談して数年後。
「(私)が就職決まって家を出た後にすぐに離婚した」
って妹から聞いた。

聞かない方がいいんだろうし、実家にも戻る気ないからいいけど、なんとなくどういう事が想像ついてあんまり気分がいい事じゃないから夜中にこっそり吐き出す。
酒入ってるので許して。

575: 名無しさん@おーぷん 2018/01/29(月)02:47:28 ID:ACs
別に年の差を否定するわけじゃないけど、
母は父と結構年離れていて、自分は初婚なのに農家の親のススメで恋愛でもなくバツイチ3人の子持ちと結婚させられて、母は一矢報いたかったのかもしれない。
父より一番上の兄の方が母と年が近かったし。
同じ女として理解出来ないけど…。

信じられないかもしれないけど私と妹は平成生まれ。
すごい昔の話ではない。



A case of black or white (A Harry Lake suspense mystery)