908: 名無しさん@おーぷん 2018/01/23(火)21:56:33 ID:???
私の実母は娘を敵視するタイプで、長い事私を恐怖で支配してきた。
母は、
私が楽しむのが大嫌いだったみたい。
食べることも服を選ぶことも、自由に時間を過ごすことも。
私は母が怖くて逆らえなかった。

だけど、絶縁していた母方の祖母が亡くなったというので遺産関係の話をするために母の実家に行ったとき、状況が変わった。
母には兄(私から見て伯父)がいるんだけど、伯父は母親(私から見て祖母)に溺愛されて育ったみたい。
代わりに母は虐げられて育った。
つまり母が私にした仕打ちは、丸ごと母が祖母に受けた仕打ちだった。




伯父はお酒に酔っていたのか、母が受けた虐待内容をベラベラと得意げに喋ってくれた。
母は沈黙、というか顔面蒼白。
それを見た時、不思議と
(なんだこのオバサン)
と思った。
(あれ、全然怖くないじゃん)
って。

家に帰った途端、母はまたふんぞり返った。
けど、母に
「お母さんって、おばあちゃんにやり返せなかったんだね」
「怖かった?仕返し出来なかったから私を虐めるんだね」
「お母さんの顔、遺影に写ってたおばあちゃんソックリ」
そう言ったら母の顔がどす黒くなり、泡を吹いて倒れた。


今はもう家を出ている。
母の境遇は世間から見たら同情されるものだろうけど、それって私には関係ない。
母はもう永遠に祖母にやり返せないから、死ぬまで苛々することになるんだろうな。
それも私には関係ないけどね。



精神科医が教える お金をかけない「老後の楽しみ方」 (PHP文庫)